自分の価値を底上げ!資格取得は自分力を上げる絶好の機会

コロナ禍で収入が下がったり、ボーナスが期待できないなど、業種や職種によっては景気の悪化が取りざたされています。当事者はもちろん、そうでない人も、もはや他人ごとではないという漠然とした不安があるのでは? コロナショック後の新しい日常に焦らないためには、いつの時代でも使える、応用できるスキルや能力を磨いておくことが重要です。今回取り上げる、資格にまつわるマネーハックは、単に年収アップのためだけではなく、資格取得の過程で身に着けられる、知識や情報、仕事への活かし方など、自分の価値向上につながります。不測の事態に動じないための、ビジネスパーソンとしての力を伸ばす一端として、取り組んでみてはいかがでしょうか?

「まず大前提として、この資格をとれば万事解決! という資格はありません。資格を生かせるかどうかはその人自身がどう働きたいか、さらに言えばどう生きたいか、という意思に紐づいているからです」と語るのは、キャリアコンサルタントとしてこれまで多くの人のキャリアアップについてアドバイスをしてきた西村英貴氏。生涯使えるスキルが身につく資格について、お話を伺いました。

※下記で紹介している資格概要/受験資格/取得費用などは記事作成時調べです。資格取得を検討する際は、必ず現状についてご確認ください。
 

お話を伺った人

西村英貴氏
弁護士ドットコム
キャリア事業責任者/LECキャリアコンサルタント養成講座講師

▼Profile
株式会社インテリジェンス・株式会社リクルートキャリアを経て、弁護士ドットコム株式会社に入社し、2016年より弁護士ドットコムキャリア事業部の責任者として従事。15年超、個人のキャリアと企業の採用に関わる。
保有資格:2級キャリコンサルティング技能士(国家資格)、米国CCE,Inc.認定GCDF−Japanキャリア・カウンセラー、一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

【1】リモートワークで役立つ有望資格!

資格概要ː個人情報の保護に精通し、適正な取扱や安全管理を身に付けたエキスパートの証明。専門的見地から運用・管理、またはその方面でのアドバイスを行う。個人情報保護法に対する正しい理解と知識が必要であり、「個人情報保護士認定試験」に合格する必要がある。
受験資格:国籍・年齢等の制限なし
取得費用:10,000円(受験料)

西村さんからのアドバイス

「コロナ禍をきっかけにリモートワークやオンライン会議を取り入れる企業が増え、家庭からの企業システムへのアクセス増加など、情報漏洩の危険度も高まっています。個人情報の持ち出しが増えてきた背景から、個人情報保護法に関する意識が高まっていることも確か。基礎的な法律や、情報の活用方法や制限など、個人情報管理の基礎的なリテラシーが学べる「個人情報保護士」は、コロナ渦はもちろんのこと、コロナ終息後の社会でも役立つと思います」(西村氏)

自分自身の業務においても、法規範逸脱が防げるため、配慮のある慎重な仕事ぶりをアピールすることも可能。職場からの信頼獲得にも役立ちそうです。

リモートワークで差をつける!ワンモアアドバイス

「ZOOMやオンラインの非対面コミュニケーション下では、対面時以上に、“相手に自分の意図を正確に伝える技術”が必要となります。「話し方に関する講座」など、一見資格とは違う分野の口座でも、受講することで日々の自身のコミュニケーションを見直すきっかけとなり、オンラインでも、双方誤解がなく、短時間で意図を伝えることができ、結果として業務効率もアップします」(西村氏)