カネの切れ目は縁の切れ目。愛情が豊かな家庭でも、うまくいかない家計には不幸が忍び寄るものです。このシリーズでは、本当にあった家計の事件を取り上げ、やってはいけなかった行動と、解決の手段を紹介します。

お悩み

在宅勤務で時間のゆとり、相場の暴落をチャンスと思い資産運用を始めた二人

松岡友彦さん(仮名)会社員・42歳
吉田浩さん(仮名)会社員・41歳

 松岡さんと吉田さんは同じ会社に勤める同僚です。新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出てから、在宅勤務となりました。通勤時間や仕事帰りの飲み会がなくなったことで、時間と余裕が出てきました。何か新しいことをしようと考えているとき、コロナ・ショックで株式相場が暴落という話を聞きました。そこで、過去にも同じように相場が大暴落したリーマン・ショック後の株価を見てみると、大きく上昇していました。それなら、いま安く株を買えば、資産を大きく増やせるチャンスと、資産運用を始めてみようと思い立ちました。

 コロナ・ショック後の株価の行方は分かりませんが、リーマン・ショック後に資産運用を始めて大きく資産を増やした方がいることは事実です。

 二人は株式を物色し始めました。

 コロナ・ショックが起きてから約2カ月、果たして二人の資産運用はどうなったのでしょうか。