唐突ですが、中学生、高校生のお子さんがいる読者の方にご提案です。思い切って、お子さんに投資資金を渡して、運用を任せてみてはいかがでしょうか?

 私自身、父親の勧めで中学3年生から株式投資をしており、学生時代の経験は、今振り返ってみてもとても貴重なものとなっています。大切なお子さんの将来のために、10代から資産運用をさせてみてはいかがでしょうか? 

中学3年生からの株式投資

 私自身、1987年の中学3年生の時に、父親から「300万円を自分で運用して大学に行くか、親のスネをかじって大学にいくか決めろ」と言われ、「じゃあ、運用する」と答えて株式投資を始めました。株式への投資で最初に買った銘柄は、富士通、島津製作所、大倉電気の3銘柄です。

 夏休みには、マーケットが気になるので、自宅近くの協立証券(現:エイチ・エス証券)に行き、店の外からガラス越しに株価ボードを見ている変わった子供でした。協立証券の人からすると、「誰だ、この時々来る子供は?」と怪しく見えたでしょう。こちらは中学生なので、さすがに店に入ることはできず、でも株価は気になるので、外から見ていたというのが実態ですが…。

 家では、日経新聞の株式欄を目で追いながら、ラジオたんぱから流れてくる株価を聞く日々。当時はパソコンなどなく、株価を知る方法は証券会社に行くか、ラジオたんぱを聞くくらいだったのです。東京証券取引所にはまだ場立ちがいる時代で、バブル絶頂期には、「新日鉄が…!」「NTTが…!」など、ラジオから聞こえてくる活況ぶりに、自らの気持ちも高ぶっていました。

父親の援助一切なしで大学を卒業

 株式相場の上昇も高校2年生の2学期までで、1989年12月に日経平均株価が3万8,915円という過去最高値を付けて以降、3学期の1990年からは一転してバブル崩壊。運用でマイナスになるわ、大学に入ってからは、授業料、生活費でお金も出るわで、大変な時期となります。保有銘柄の株価が下がった時には「このままで卒業できるのか」と青ざめたりもしました。大学での勉強、サークル活動の一方、授業料、生活費を何とかしないといけないので、当然ながら「何のアルバイトだったら時給がいいのか」を考え、警備員、ファストフード店の深夜清掃、家庭教師といったアルバイトも懸命にしていました。

 そんな状態にあったのですが、そこでの父親の対応が(振り返ってみればですが)スゴイ。そもそも考えてみれば、300万円という金額は、国立大学であれば入学金+授業料分はあるけれども、生活費を考えると十分ではない、私立大学の場合には授業料だけでオーバーです。そのような状態の中、父親は「この資金で自分でやれ」という姿勢を一貫し、大学時代には1円もくれなかったのです。

 最終的にどうなったかというと、大学卒業時には、「300万円の運用資金+バイト代」-「入学金+授業料+生活費」=ほぼ0で、何とか卒業することができました。