資産20億円!【リターン追求型富裕層】の投資術!

今回は、不動産投資が本業の経営者である「C山C輔氏」の徹底的な理詰め投資方法を紹介します。総資産は20億円。本業での稼ぎとM&Aなどで20億円を手に入れた、C山社長の資産運用術とは?

 

 

 

不動産一筋の社長が投資に目覚めた!

 不動産投資会社を経営しているC山社長は、長らく不動産業界の営業の最前線で活躍してきた叩き上げ。関心のすべてが本業の不動産で、金融商品にはまったく興味がありません。しかし、あるときから、「本業の不動産市況の把握に役立つから」「市場が拡大しているREIT(不動産投資信託)の動向を知りたいから」といった理由で金融商品の運用を開始しました。

 本業の不動産投資では、年間5%の利回り獲得を実現してきたC山社長は、金融商品でも「年利5%」が基準です。そこで活用したのが「株価指数連動債」

 日々価格変動を伴うREITとは違い、満期がある債券の一種です。REITの配当利回りよりも高い5%を狙うため、通常の債券にデリバティブ(金融派生商品)を組み込むことで、リスクを負いつつ比較的高いリターンが期待できるオーダーメード商品を提案しました。