2018年の最大の買い手は日本銀行だった

2018年の日本株主体別売買、買い越し・売り越し上位3主体

注:日本銀行は直接日本株を買っているわけではない。上記に記載しているのは日本銀行のETF買付額。日本銀行が買い付けるETFを組成するために、証券自己部門などが日本株を買い越す。プラスは買い越し、▲は売り越しを示す
出所:日本銀行のETF買付額は日本銀行、事業法人・海外投資家は東京証券取引所「二市場一・二部 投資部門別売買状況」、楽天証券が作成

 

 2018年に、日本銀行は日本株ETF(上場投資信託)を6兆5,040億円も買い付けています。外国人投資家の大量売り(▲5兆7,448億円)を吸収したのが、日本銀行だったことがわかります。

 日本銀行の次に買い越しが大きかったのは事業法人(主に自社株買い:2兆5,705億円)でした。外国人の次に売りが大きかったのは銀行・生損保(主に持ち合い解消売り:▲1兆1,335億円)でした。

 

2017年も日本銀行が最大の買い手だった

 その前年、2017年も最大の買い手は日本銀行で、5兆9,033億円買っています。

2017年の日本株主体別売買、買い越し・売り越し上位3主体

出所:日本銀行のETF買付額は日本銀行、事業法人・海外投資家は東京証券取引所「二市場一・二部 投資部門別売買状況」、楽天証券が作成

 

 2017年の最大の売り手は個人投資家で5兆7,934億円売り越し【注】でした。2017年は、個人投資家が大量に売り、日銀が大量に買った年でした。

【注】個人投資家の売り越し額
実際の売り越し額は、ここまで大きくはありません。個人投資家が、新規公開株を引き受けて、上場後に売却した場合、統計上買いはカウントされず、売りだけがカウントされます。5兆7,934億円から、個人投資家が新規公開株を引き受けた金額を差し引いたものが、本当の売り越し額となります。

 日銀の次に買いが大きかったのは、事業法人(主に自社株買い)で、個人の次に売りが大きかったのは銀行・生損保(主に持ち合い解消売り)でした。