49年前の今日…

1970(昭和45)年1月30日

公衆電話が3分10円に

 

 今から49年前の1970年1月30日、公衆電話の市内通話料金が3分10円になりました。それ以前は公衆電話からの発信は10円で無制限だったため、日本電信電話公社(現NTT)は新しい料金体系を「3分打ち切り制」と呼びました。

 公衆電話の通話に時間制限のない時代、家庭では固定電話機は1家に1台、オフィスでも数人で1台の電話機を共用するのが普通でした。このため、通話料がかさむ心配のない公衆電話を長時間にわたって独占する人が増え、日本電信電話公社には苦情が絶えませんでした。一方で、大方の利用者は3分以内に通話を終えていたため、3分10円という料金に落ち着きました。

 現在は市外局番が同じ「区域内」であれば、10円で57.5秒、午後11時から午前8時までは77.5秒通話できます。消費税分は通話時間をカットして調整されています。およそ半世紀で最大3倍に値上げされたことになります。

 

1970年1月30日の日経平均株価終値は

2,296円43銭

算出開始後「1月30日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:28回

値下がり:28回