facebook twitter
iDeCo(イデコ)活用術[2]公務員・専業主婦(夫)になるとき
大江 英樹
特集記事

iDeCo(イデコ)活用術[2]公務員・専業主婦(夫)になるとき

2018/5/15
・iDeCoに入っていた方
・企業型に加入していた方
・運用だけじゃなくて積み立てもした方がおトク?
facebook twitter メールで送る 印刷

 自営業だった人や民間企業に勤務していた人が公務員に転職する場合、あるいはそれまでの仕事を辞めて専業主婦(夫)になる場合は一番シンプルです。iDeCo(イデコ)を利用するしかないからです。

≫≫トウシルの最新記事はこちら

(1)iDeCo(イデコ)に入っていた方

 自営業やフリーランスの方、及び企業年金制度のない会社に勤めていた人はそれまでiDeCo(イデコ)を利用していたはずですので、それをそのまま継続することになります。その場合、それまでとは別の金融機関を選ぶこともできます。そして、職業・立場が変わることになりますから「被保険者種別変更届」を金融機関に提出して、公務員ならば月額1万2,000円、専業主婦(夫)ならば2万3,000円までの掛金額に変更をする必要があります。転居していれば、合わせて住所変更を行ってください。これをしておかないと、税の還付に必要な「小規模企業共済等証明書」など大事な書類が届かなくなってしまい、税の優遇が受けられない場合が出てくるからです。

(2)企業型に加入していた方

 民間企業に勤めていて企業型に加入していた人が転職して公務員になったり、その会社を辞めて専業主婦(夫)になったりした場合は、必ずiDeCoの口座を作り、企業型で積み立てた資産を移さなければなりません。確定拠出年金の資産は60歳までは引き出せませんので、企業型に加入できなくなった立場の人はiDeCoの口座を作ってそちらに移さなければならないからです。

 この場合、従来企業型で加入していた金融機関と必ずしも同じところへ移さなければならないということはありません。金融機関によっては、iDeCoを取り扱っていないところもありますし、他の金融機関と比べて、あまり魅力的でない場合もあります。自分自身がどこでiDeCoの口座を作るかを決めてください。また、資産は必ず移さなければなりませんが、その後、積み立てを行うかどうかは任意です。

 

運用だけじゃなくて積み立てもした方がおトク?

 2016年の12月までは公務員や専業主婦(夫)は新たな積み立てをおこなうことが認められていませんでした。したがって企業型から移した資産を運用することしかできなかったのです。このため年金資産はあまり増えない上に口座管理料だけは取られますから年金資産が減っていくという場合もありました。ところが制度が改正された現在は、単にiDeCoの口座を開設するだけではなく、自分でも積み立てができるようになったのです。

 したがって、掛け金の所得控除メリットを受けながら年金資産も増やせるようになりました。iDeCo(イデコ)のメリットで最も大きいものが「所得控除」による税優遇であることを考えると、この部分をフル活用できることになった意義は大きいと言えます。積み立てをするかしないかは任意ですから、自分自身で決めればいいわけですが、せっかくの税メリットを生かすためには少しでも積み立てしていくことをお勧めします。

【iDeCo活用術】

「iDeCo(イデコ)は、就職、転職、退職で年金資産は持ち運びできる」

[1]民間企業に転職したとき

[2]公務員・専業主婦(主夫)になるとき

[3]自営業・フリーランスに変更になるとき

〔教えてくれたのは〕

 

大江英樹(おおえ ひでき)

経済コラムニスト
大手証券会社を定年退職後、(株)オフィス・リベルタスを設立。確定拠出年金、資産運用、行動経済学、セカンドライフ支援の専門家として各種メディアへのコラム執筆、講演やテレビ出演多数。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいiDeCo(イデコ)活用術[2]公務員・専業主婦(夫)になるとき

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

iDeCo(イデコ)活用術[2]公務員・専業主婦(夫)になるとき

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。