facebook twitter
ビットコインキャッシュのハードフォークと仮想通貨の主導権争い
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

ビットコインキャッシュのハードフォークと仮想通貨の主導権争い

2018/5/15
・ビットコインキャッシュとは
・6カ月ごとのアップグレード
・中国の大手マイニングプールの思惑
・存在感を強めるビットコインキャッシュ
facebook twitter メールで送る 印刷

ビットコインキャッシュとは

 ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインから分岐(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。そのため基本的な仕組みはビットコインと同じですが、ビットコインに比べてブロックサイズ容量が大きく、処理能力が高いことが特徴です。2018年5月11日時点の時価総額は3兆円に迫っており、仮想通貨市場全体の第4位に位置します。

≫≫トウシルの最新記事はこちら

 

6カ月ごとのアップグレード

 2018年5月15日、ビットコインキャッシュがハードフォークを実施する予定です。これは2017年11月に公表した開発計画に則ったもの(6カ月ごとのアップグレードを行う)で、今回行われるハードフォークは、機能追加等のアップグレードを行うものです。分裂して新たなコインが生まれるというタイプのものではありません。

 今回のハードフォークの大きな特徴は、ブロックサイズ(取引データの処理容量のことを示します)のさらなる拡張です。ビットコインキャッシュは、このブロックサイズをフォーク前の8MB(メガバイト)から32MB(メガバイト)に拡張する予定で、これによってより迅速な取引が可能になると期待されています。

 また、基本的なスマートコントラクトの導入やビットコインキャッシュのブロックチェーン経由でのトークン発行機能も備える予定で、利便性のアップとともに、幅広い用途への利用が可能になりそうです。

 

ソフトウェアの脆弱性を発見、ハードフォーク直前にアップデート

 ハードフォーク実施へ向けて、ビットコインキャッシュの公式クライアントであるBitcoin ABCは4月にソフトウェア0.17.0をリリースしました。

 しかし、このバージョンセキュリティ上の脆弱性が見つかり、ハードフォーク直前の5月7日にBitcoin ABCの開発チームはこの脆弱性に対応する0.17.1へのアップデートを求める状況となりました。ハードフォークの直前に、こうした不安定な状況も見られています。

 

中国の大手マイニングプールの思惑

 4月後半、ビットコインキャッシュの価格は上昇しました。この背景にはハードフォークへの期待だけではなく、中国のマイニングプール企業(複数のマイナーが協力してマイニングを行う仕組みを提供する企業)の動向も関係しているのではと見られています。

 中国の大手マイニングプールのAntPool(アントプール)が、ビットコインキャッシュのマイニング報酬の12%を「ブラックホールアドレス」に送り、二度と利用できないように消滅させていた(Burnといいます)ことが発覚しました。AntPoolはビットコインキャッシュのハッシュレート(マイニングのパフォーマンス)が非常に高く、常にシェアの上位を占めています。これによりビットコインキャッシュの流通量が減ってコインの価値上昇への期待感が高まったのでは、と見られています。

 AntPool(アントプール)の親会社であるBitmain(ビットメイン)社は、これは健全な経済活動であり、ビットコインキャッシュ自体の経済的価値と成長を高めることで投資家は利益を受け取ることができるとし、他のマイニングプールにも参加を呼び掛けています。

 しかし、ビットコインキャッシュは本来管理者のいないオープンな通貨であるため、この行為が中央集権化を促してしまうのではないかという懸念を抱く声もあります。

 

存在感を強めるビットコインキャッシュ

 2018年2月、ビットコインがSegwit完全サポートのソフトウェアをリリースしてライトニングネットワーク実装への期待が高まりました。価格も復調し、仮想通貨市場における「基軸通貨」のような立ち位置は健在です。

 ただし、将来はビットコインキャッシュが基軸通貨の立ち位置になるという声も存在します。ビットコインキャッシュを取り扱う取引所も増え、対応するウォレットやアプリケーションの開発やリリースも続いており、その存在感は今回のハードフォークにより一層大きくなる可能性があります。

 日本でもGMOインターネットやSBIホールディングスがビットコインキャッシュのマイニングにも参入するなど注目度は高く、アメリカではATMでの出入金が可能になったり、マイクロソフトが支払いのオプションに加えるなど、日常生活へも浸透してきています。

 ハードフォーク後のビットコインキャッシュがどう動くのか、ひいては仮想通貨市場全体にどのように影響するのか、今後も目が離せません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいビットコインキャッシュのハードフォークと仮想通貨の主導権争い

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ビットコインキャッシュのハードフォークと仮想通貨の主導権争い

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。