facebook twitter
この指標を見逃すな!(後編)いよいよ、日銀、ECB会合。そして米雇用統計!
荒地 潤
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

この指標を見逃すな!(後編)いよいよ、日銀、ECB会合。そして米雇用統計!

2018/3/8
・ECB(欧州中央銀行)政策金利発表(8日)
・日銀政策金利発表(9日)
・2月の米国雇用統計(9日)
・2月のカナダ雇用統計(9日)
facebook twitter メールで送る 印刷

 本日3月8日から明日9日にかけては重要指標が目白押し。3月相場の最初のヤマ場となります。

 本日はECB(欧州中央銀行)、明日は日銀が政策金利を決定。金曜日には、米国とカナダの雇用統計が発表されます。

 日銀は9日に開かれる金融政策会合で、政策の現状維持を決定します。先月28日に、日銀は超長期国債の買いオペ金額を縮小しました。また黒田総裁が国会の所信聴取で、「2019年度中に物価目標2%を達成できる」と楽観的見通しを述べたことで、日銀の出口戦略に対する期待が再び高まっています。

 YCC(長短金利操作、イールドカーブコントロール)政策は、もともと政策に柔軟性を持たせることが目的で、「減額イコール引き締め」ではない、というのが日銀の公式見解です。とはいえ、減額は日銀のステルス利上げだとマーケットは考えています。今回もYCC政策の方針が最大の関心事になることは確かですが、日銀は105円まで進んだ円高を警戒していると思われ、マーケットをいたずらに刺激するような行動は控えるかもしれません。

 8日発表の日本の10~12月期GDP(改定値)の前期比年率年は+0.5%から+1.6%に上方修正。日銀の出口戦略の環境は整いつつあります。

 ECBは9日の会合で、政策の現状維持を決定する予定。緩和縮小の次、すなわちECBが来年利上げをするか、というのがマーケットの最大の関心事です。ドラギ総裁は、前回の会合で「(金利に関する)フォワードガイダンスの変更についての話し合いはなかった」と述べました。一方で、ドイツ連銀総裁は利上げ時期の前倒しを示唆するような発言をしています。ECBスタッフが発表する2020年までの経済見通しとインフレ見通しは前回から変わらないとの見方です。

 9日に発表される米国の2月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+20.5万人(前回20.0万人)、失業率はさらに低下して4.0%(前回4.1%)、また平均労働賃金は前月比0.3%で横ばい予想。

 減税効果のアップサイドリスク期待がある一方で、株式市場の影響がダウンサイドリスクとなって表れる可能性もあります。2月雇用統計についての詳しい解説は、雇用統計直前レポートをご覧ください。

 カナダの雇用統計は、新規雇用者数+2.1%(前回-8.8万人)、失業率は5.9%で横ばいの予想。健全と考えられていたカナダの労働市場ですが、先月の新規雇用者数が予想外のマイナスだったために、不安感が出始めています。今回の結果も悪ければ、BoC(カナダ銀行)の次回利上げは更に遠のくことになり、中期的なカナダ安要因となります。

 

今週のこの指標を見逃すな!注目イベント

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいこの指標を見逃すな!(後編)いよいよ、日銀、ECB会合。そして米雇用統計!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

この指標を見逃すな!(後編)いよいよ、日銀、ECB会合。そして米雇用統計!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。