お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
やめたくなるのはいつ?「つみたてNISA」でメリットを生かす投資家心理
白石 定之
資産運用するなら押さえておきたい“投資家心理”
中学3年から証券投資を始めた著者が、29年間証券に関わってきた経験から、「資産運用の成否は“心”で決まる」と言っても過言ではないくらいに重要と見ている “投資家心理”について解説…

やめたくなるのはいつ?「つみたてNISA」でメリットを生かす投資家心理

2017/12/1
実際に積み立てをしてみると「こんなはずでは・・・」と思うときがおそらくくるのでは、と思います。つみたてNISAをする際に気を付けておきたい“心理”についてみていきましょう。
facebook twitter

 2018年から始まる「つみたてNISA」。年間40万円までで非課税になる期間が20年あるので、20代、30代の方を中心に検討している方も多いのではないでしょうか。ただ、実際に積み立てをしてみると「こんなはずでは・・・」と思うときがおそらくくるのでは、と思います。つみたてNISAをする際に気を付けておきたい“心理”についてみていきましょう。

積み立てのメリットである“ドルコスト平均法”

「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。投資信託や株式などを一定期間、同じ金額で積み立てていくと、同じ数量口数で積み立てたときよりも買付単価が低くなる、という効果があります。

実際に日経平均株価で検証してみましょう。

 

日経平均株価における積み立てシミュレーション

注:日経平均株価の終値=1万口として計算。配当落ち分は考慮せず。
出所:楽天証券マーケットスピードより筆者作成

 

 毎月1万円ずつ10年間で合計120万円積み立てた場合の平均買付単価は1万2,312円、10年間の積み立て金額が約120万円になるように口数を計算した毎月7,424口の場合は1万3,470円となっていますので、毎月一定額を積立てたほうが買付単価が低いという、ドルコスト平均法の効果をみることができます。長期投資のメリットも感じていただけるでしょう。

 

積み立てをやめたくなる時期があなたにも来る!?

 上記の例では結果、順風満帆にみえますが、実際には、そこに至るまでの間で積み立てをやめたくなってしまう時期があります。それは、2012年までのマイナスが続いている時期です。この時期には、積み立てても積み立ててもマイナスの状態なので、「続けても意味がないのでは・・・」と思ってしまうのです。そして、やめてしまうか、プラスになったところで売却して整理しようという気になってしまい、続かないのです。

 このため、あらかじめ、「マイナスが続くとやめたい心理になる」ことを認識しておくことです。あらかじめ認識しておくことで、実際になった時でも「やめたくなる心理って、このことか!」と気付くことができます。認識していないければ、マイナスになっている時に周りから「続けたほうがよい」といくら言われても、嫌になっている心理が変わることは簡単ではないでしょう。逆に、周りから言われて、「そこまで言うのであれば」と続けた結果、さらにマイナスが拡大したら、「言うことを聞くんじゃなかった。あのときにやめておけばよかった」と恨み節にもなってしまうのです。

 

やめにくい仕組みをつくること

 では、どうしたらよいのでしょうか。それにはやめにくい仕組みを作ることです。

  1.給料が入る銀行口座からの引落しにする

  2.頻繁に見ない

  3.やめようとしたときに面倒な状態にする

 給料が入る銀行口座であれば、残高不足で積み立てが止まってしまうことを防ぐことができるでしょう。また、勝手に引き落とされているので、普段は気にならないでしょう。次に、少なくとも頻繁には見ないことです。見れば見るほどやめたくなる心理は強まります。気にならない状態を作ることが重要ですので、年1回、年末時点の残高報告書を確認する程度でも十分でしょう。

 さらに、「本当にやめよう」と思ってしまったときでも面倒な状態にしておくことです。「ID・パスワードは何だったっけ」「どうやってやめればいいのだろう」といろいろと調べたりしている間に、やめること自体が面倒臭くなって、結果として継続できたりします。

 加えて、「つみたてNISA」であれば、20年間、値上がり益に対して非課税というメリットがあるので、「マイナスでやめてしまったら意味がない。プラスになるまで待とう」、そして、プラスになったら「もっとプラスになればメリットも大きくなる」という思いから、継続することができるかもしれません。

 

問題は、あなた自身の“心”

 積み立てを継続できない一番の問題は、あなたの“心”にあります。そのことを十分に認識しておくことです。長期に続けて、「あのとき、下がっていたのでやめようかと思ったけれども、待っていたら上がってきた。しかも下がったときにきちんと積み立てていたので、それが今、良い結果に繋がっている」という成功体験を一度でも体験できれば、おそらくその後も続けることができるでしょう。

「つみたてNISA」は国が私たちのために用意してくれた制度です。この制度を活用して、将来のために一喜一憂せずに資産形成をしていきましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
iDeCo って何だ
はじめよう株主優待
トウシル TOP
 
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいやめたくなるのはいつ?「つみたてNISA」でメリットを生かす投資家心理

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

やめたくなるのはいつ?「つみたてNISA」でメリットを生かす投資家心理

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 


 


 
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。