facebook twitter
暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ
白石 定之
資産運用するなら押さえておきたい“投資家心理”
中学3年から証券投資を始めた著者が、29年間証券に関わってきた経験から、「資産運用の成否は“心”で決まる」と言っても過言ではないくらいに重要と見ている “投資家心理”について解説…

暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ

2018/5/30
・暴落は怖い?安い?市場にふりまわされない投資家のこころえ
・どうやって一喜一憂しない心を手に入れるのか?
facebook twitter メールで送る 印刷

 2018年は年初から日本株が大きく下がる日が何度もありました。そのときにどのような感情が出てきましたか? 
「怖い」ですか、それとも「安い」ですか?

 一度や二度の急落は、「利益が減ってしまったな…」くらいのもので、「怖い」というまでにならなかった方も少なくないかもしれません。しかし、心理的に真に問われる局面は、資産が減っている状態で、さらに大きく下がったときです。(あくまでも私見ですが、)うまくいく人とうまくいかない人の差は、株価が下がってきたときに、「怖い」という感情が出てきて、一喜一憂してしまうか否かの差です。

 うまくいかない人は、株価の上下を見て「上がる株=良い会社」「下がる株=悪い会社」という捉え方をしているように見えます。うまくいく人は、株価ではなく、その会社の事業をきちんと見ています。このため、株価の上下だけで良し悪しを判断するということはありません。たとえ株価が低迷していようが、事業がしっかりしていて本来価値と比べて割安であれば、「悪い会社」ではなく「安い会社」に見えるのです。

 うまくいかない人は、保有株が下がると「悪い会社」に見えてしまうので、買い増すことができないどころか、逆に売りたい衝動に駆られます。うまくいく人は「安い会社」に見えるので、下がったところで買えるのです。うまくいくか、いかないかはこの差なのです。
 

どうやって一喜一憂しない心を手に入れるのか?

 株式に投資をする上で、私たちが一喜一憂しない心を手に入れるためには、ひたすら事業を見ていくことです。私の経験も含めてお伝えすると、うまくいっている人の多くは、ウォーレン・バフェット氏、ピーター・リンチ氏ら、バリュー投資に関連する本を読み、決算短信などを読み込み、会社のホームページ等の情報もくまなく見てひたすら企業分析を行い、自らの資金を投じて経験を積んでいった結果、一喜一憂しない心の領域に到達したとみています。まさに“職人”です。この職人たちは、きちんと事業を見ているので、下がったところで「怖い」ではなく「安い」と思える心になっているのです。

 とはいえ、事業を見て調べていくこと自体、時間もかかり、大変根気のいる作業です。多くの人にとっては現実的ではないでしょう。では、どうしたらよいのでしょうか?

 

見通しは二の次。「悲観で買い、楽観で売る」に徹すること

それは、「悲観で買い、楽観で売る」に徹することです。見通しを第一優先にしないことです。多くの人はうまくいかないときに、「今後のマーケットは?」と見通しを持とうとします。そして、さまざまな情報を入手して当てようとします。しかし、情報を入手すればするほど、楽観の情報が多いときに自分も楽観になり、悲観の情報が多いときに自分も悲観になってしまい、真逆の「楽観で買い、悲観で売る」をしてしまいます。そして、見通しを当てようとすればするほど「なんで今日、株は下げたの?」「明日はどうなるの?」と、より一喜一憂してしまいがちです。

 見通しを当てようとするのではなく、周りにいる多くの人が「悲観」なのか「楽観」なのかに耳を澄ませることです。そして、「悲観で買い、楽観で売る」を淡々としていくことです。極端に申し上げると、一喜一憂するくらいなら見通しを持たないことです。見通しが当たろうが外れようが、「悲観で買い、楽観で売る」をすることです。

 これを繰り返していった先にある世界が、暴落時にマーケットに振り回されるどころか、暴落時ほど良い買いのタイミングに思える、一喜一憂しない世界です。その世界に到達できたとき、きっとあなたも暴落時であっても冷静に判断することができ、結果、パフォーマンスもともなっていることでしょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

暴落は「怖い?」「安い?」市場にふりまわされない投資家のこころえ

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。