お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ETF
山崎 元
山崎元の投資信託入門
楽天証券経済研究所の山崎元が投資信託についてやさしく解説
・ETFの仕組み
・ETFの特徴
・内外のETFの違い
facebook twitter 印刷する

 ETF(Exchange Traded Fundの略)は、株価指数などの各種指数に連動することを目的に運用される投資信託の一種で、証券取引所に上場されています。日本では「株価指数連動型上場投資信託」と呼ばれています。TOPIXや日経平均株価といった代表的な株価指数に連動するETFや、銀行、電機などの業種別指数に連動するETFなどが日本で上場しています。

 

ETFの仕組み

 ETFは、資産運用会社が、年金基金などの機関投資家や「指定参加者」と呼ばれる証券会社から、TOPIXや日経平均株価など連動の対象とする株価指数の構成に近い株式バスケット(ユニット化された現物株式)を募集し、そのかわりに受益証券を発行する仕組みになっています。一般の個人投資家は、発行された受益証券を取引所で自由に、しかも小口から売買できるようになっています。
ETFは、一般の投資信託と異なり、資金の出入りがなく、ユニット化された現物株式と受益証券の交換だけが行われることから、ポートフォリオの中で発生する株式の売買コストを抑えることができます。

 

ETFの特徴

 ETFのメリットとしては、取引所に上場していることから、株式と同様にリアルタイムでの売買が可能だという点が挙げられます。株式と同様の扱いなので、「成行」や「指値」での注文もできますし、信用取引を行うこともできます。通常の投資信託が1日に1度発表される基準価額でしか売買できないことと比べると、売買タイミングをはかれるという点では有利といえるでしょう。
また、保有コスト(信託報酬)が通常の投資信託に比べて安いのも特徴のひとつです。通常のインデックス・ファンドの信託報酬が0.5~0.6%程度であるのに対して0.1~0.2%程度と低くなっています。
さらに、個別株式に比べてリスクの分散効果がある点や、TOPIXや日経平均株価などの各種株価指数に連動することを目的に運用されるため、値動きや損益の把握が容易である点もメリットです。
一方、デメリットとしては、取引所での売買であることから、市場の状況によっては、売却したくても売れないケースが起こり得ます。また、流動性(売買高)が極端に低い状態が続いた場合は、上場廃止の可能性もあります。さらに、分配の再投資ができない点、小額の積立投資が行いにくい点などもETF の難点といえるでしょう。

 

内外のETFの違い

 国内の取引所に上場しているETFと海外の取引所に上場している海外ETFの違いは、品揃えの差にあります。海外では数多くのETFが上場しているのに対して、日本ではETFの種類が圧倒的に少ないというのが現状です。海外では、債券やコモディティ、不動産などの指数に連動するETFも数多くありますが、日本で「金」のETF、中国(上海)や韓国の株価指数に連動するETFなどが加わったのは最近のことです。
また、海外ETFは外貨建てなので、売買には為替手数料が掛かりますし、「外国証券取引口座」を開く必要があることから、証券会社によっては、「外国証券取引口座管理料」を徴収するところもあります。その点、国内のETFでは、そのようなコストは発生しないので、国内でのETFの品揃えが充実すると、利用者にとっての利便性が増すことになります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいETF

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ETF

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。