お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
個人投資家みんなの悩み、「決算またぎ」対策法を徹底解説!
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

個人投資家みんなの悩み、「決算またぎ」対策法を徹底解説!

2017/11/2
・個人投資家が憂鬱になる「決算発表」シーズン
・短期売買と中長期投資とでは考え方が大きく異なる
・筆者が「決算またぎ」をする理由
・決算発表前に売却したら、どうなるか?
facebook twitter 印刷する

 3カ月に1回の決算発表シーズンですが、この時期の個人投資家の悩みと言えば、「決算をまたいで株を保有すべきかどうか?」。

 今回はこのテーマについて、筆者の経験を踏まえ徹底解説していきます。

 

個人投資家が憂鬱になる「決算発表」シーズン

 個人投資家の多くは決算発表のこのシーズン、憂鬱(ゆううつ)な気分になるのではないでしょうか。筆者はそうです。それまで平穏な動きをしていた保有株の株価が、決算数値が発表により乱高下し、時には大きな損失を被ってしまうからです。

 実際、決算発表シーズンとそれ以外の時期を比べると、決算発表シーズンのほうが圧倒的に損失を被りやすいというのが筆者の実感としてもあります。

 特に決算発表により株価がどう変動するのかは事前の予測がつきにくく、まさに「出たとこ勝負」です。そのため、決算発表前後で株を保有し続けるかどうかは、投資戦略上とても重要なポイントです。

 

短期売買と中長期投資とでは考え方が大きく異なる

 株式投資の手法には、投資対象とする期間の長短により、デイトレードなどの「短期売買」と、ある程度の期間、保有し続ける「中長期投資」に二分されます。これらは手法が大きく異なります。

 もし短期売買をしているのであれば、決算発表をまたいで株を保有し続けることは避けるべき。なぜなら、短期売買は短い期間で売買を完結させることで、決算発表などをはじめとした予測不能、かつ大きな株価変動のリスクを回避する手法だからです。

 また、決算発表日が近くなると、事前に業績予想を修正する会社が増えます。これも株価が大きく変動するリスク要因となるため、短期売買の場合は決算発表日が間近な銘柄を投資対象にするべきではありません。

 

筆者が「決算またぎ」をする理由

 短期売買では決算発表をまたいで株を保有しないのが通常です。しかし、筆者を含めた中長期投資をしている投資家にとっては、決算発表をまたいで保有するしないは非常に悩ましい問題です。

 この点、筆者は決算発表シーズンに特別な対応をすることなく、上昇トレンドの銘柄であれば保有を続け、下降トレンドに転じたら売却する、という通常と同じルールで売買しています。決算発表前の時点で上昇トレンドであれば、そのまま保有を続けます。

 確かに決算発表をまたいで株を保有した結果、冴えない業績により株価が急落するケースは少なくありません。しかしその一方で、好業績の発表により株価が急上昇する銘柄も数多くあります。

 つまり、決算発表により株価が上昇する銘柄と下落する銘柄があり、それらをトータルに見てプラスであれば、決算発表をまたいで保有すべきと考えています。

 筆者は、決算発表前に下降トレンドになっている銘柄は保有しません。会社の業績というものは、実際に会社側からの発表前にプロの投資家がある程度は把握できるからです。そのため、好業績が期待できる銘柄は、決算発表前にすでに株価が上昇しているケースが多いのです。

 好決算の可能性が高い、上昇トレンドにある銘柄のみを保有して決算発表を迎えることで、その後の銘柄ごとの乱高下による多少の損失はあっても、トータルすればプラスで決算発表を乗り越えることが、筆者はできています。

 

決算発表前に売却したら、どうなるか?

 では、決算発表前に保有株を売却すると、その後どうなるでしょうか?

 これを検証することにより、決算発表をまたいで保有を続けることのメリットが見えてきます。

 決算発表により株価が急落するのは、言うなれば業績が期待外れだった銘柄です。一方、業績が好調な銘柄の株価は決算発表後、急騰します。このような決算発表を原因とした急騰、急落の影響を避けるには、決算発表前に保有株を売ることが必要です。

 ただ、問題なのは決算発表後です。

 今後も保有を続けたい好業績の銘柄は、決算発表の前に保有株を売っているのですから、再度買い直しをしなければなりません。しかし、決算発表により株価が急騰。高値づかみを考えると、今から買い直しはできません。

 一方、買い直しやすいのはそれ以外の銘柄、つまり業績がそれほど良くない銘柄です。好業績の銘柄とそうでもない銘柄、どちらの株価がより上昇しやすいかと言えば、答えを申し上げるまでもありませんね。

 決算発表前に保有株を売却することで、好業績で株価が大きく上昇する可能性が高い銘柄を決算発表後に買い直すことができなくなってしまうのです。だとすれば、多少の損失を被ることも覚悟で、決算発表をまたいで株を保有し続けるほうが成果が出やすいと思いませんか?

 決算発表で株価が急落する株を保有し続けることを避けたい気持ちはわかります。でもその一方で、保有株の株価急騰、さらには買い直しの機会も失ってしまうことによる損失も計り知れないものがあります。

 まさに「損して得取れ」。マーケットが上昇基調にある中、長い目で見れば「決算発表をまたいで株を保有するほうが有利」が筆者の導き出した結論です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください個人投資家みんなの悩み、「決算またぎ」対策法を徹底解説!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

個人投資家みんなの悩み、「決算またぎ」対策法を徹底解説!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。