銘柄名をクリックするとマーケット情報に遷移します。

銘柄名 カンロ
銘柄コード 2216
上場市場 東証スタンダード
取引単位 100株

カンロWEBサイトはこちら

※本サイトはIR広告であり、カンロ株式会社から提供を受けた資料をもとに掲載しておりますが、本広告を以って楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。掲載内容は、今後告知なく変更される可能性があり、また最新の情報でない可能性があります。IRに関する最新情報は、企業のホームページをご確認ください。

収録日:2021年11月29日

事業内容

飴(ハードキャンディ)シェアNO.1※ グミシェアNO.2※
※インテージ SRI+® ,キャンディ市場,2020年1~12月計,形態別カンロ販売金額シェア

業績推移

 当期はグミの販売が好調なことから、10月29日に今年度2度目の上方修正を行い、売上高は対前年増減で19億78百万円増加の253億円、経常利益は3億39百万円増加の12億円、当期純利益は2億69百万円増加の8億80百万円の増収増益を予定しております。

 

Kanro Vision 2030

 2020年より新型コロナウイルスの感染拡大という未曾有の事態に見舞われ、2020年度は当社もコロナ禍で大きく影響を受けました。先行きが見えにくく不確実性が高い今、経営の進むべき方向性を皆さまにお伝えすることが必要と考え「Kanro Vision 2030」を発表しました。また2022年を初年度とする次期中期経営計画は2022年2月に発表予定となっております。


 

 市場を上回る成長でグミのトップシェアを目指します。
 

 中国深圳拠点のAmos社と相互の総販売店となって輸出入取引を進めており、取引増大を図っています。


 

 2021年度はデジタル元年と位置付け、デジタルマーケティングに取り組んでおります。その取り組みとして「Kanro POCKeT」を開設いたしました。商品情報とブランドサイト、EC機能が一体化したサイトとなっております。サイト内では、直営店舗のヒトツブカンロの商品「グミッツェル」を中心に販売しております。「Kanro POCKeT」のサイトはこちら


 

 ESG経営を体現すべく、環境負荷削減・フードロス削減につながる事業開発などの検討を進めており、SDGsを意識した事業推進と商品開発を進めてまいります。

その他トピックス

1.ダイバーシティの推進

 2021年は3つの認定を取得いたしました。これからも多様性を認め、全社員が働きやすい、働きがいのある企業へ成長を続けてまいります。

2.アニュアルレポート世界最優秀部門「Grand Award」2部門受賞

 カンロのビジョン具現化に向けて、IR施策の一環として英文アニュアルレポートを初めて作成いたしました。カンロの長期ビジョン「糖から未来をつくり、世界中の人を笑顔にするキャンディNO.1企業になる」の実現、又、「Kanro Vision 2030」で掲げるグローバル事業を含む、事業領域の拡大、そして機関投資家の皆様へのアピール強化のために、グローバルステークホルダーに向け、必要かつ様々な情報を纏めたレポートを制作し、6月に発刊いたしました。
更にアニュアルレポートのアカデミー賞とも例えられる世界最大規模のアニュアルレポート・コンペティション「International ARC アワード」にも出品し、初出品ながら、世界最優秀部門「Grand Award」を2部門受賞いたしました。今後とも上場企業としての認知拡大・情報開示の充実に努めてまいります。

配当金

 お手持ちの株数に応じて、配当金(中間・期末の年2回)をお受け取りいただけます。

権利確定日 1株当たり配当金
①2021年6月末 15円
②2021年12月末(予定) 25円(年間40円)

お好きなコースをお選びいただける株主優待

 優待商品の3つのコースの中からお好きなコースをお選びいただける選択制となっております。

※600~999株:2,000円相当の商品、1,000株以上:3,000円相当の商品となります。詳細は当社WEBページをご覧ください。
 写真は1,000円相当の場合のイメージであり、実際お届けする商品と異なる場合がございます。
 毎年12月31日を基準日とする株主名簿に記載又は記録された、1単元(100株)以上保有されている株主様へ4月上旬に送付予定です。

カンロWEBサイトはこちら

カンロには楽しい記事が盛りだくさん!

 

  

Sweeten the Futureへ

銘柄名をクリックするとマーケット情報に遷移します。

銘柄名 カンロ
銘柄コード 2216
上場市場 東証スタンダード
取引単位 100株

※本サイトはIR広告であり、カンロ株式会社から提供を受けた資料をもとに掲載しておりますが、本広告を以って楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。掲載内容は、今後告知なく変更される可能性があり、また最新の情報でない可能性があります。IRに関する最新情報は、企業のホームページをご確認ください。