NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)に関する法改正が議論されています。今回は、つみたてNISA、一般NISA、そして、ジュニアNISAがどのように変わるのかをまとめました。

つみたてNISAは5年延長

 まずはつみたてNISAの変更点からみていきます。

 つみたてNISAは一定の条件に合致した投資信託(ETF:上場投資信託含む)を一定額ずつ積み立てていくと、最長20年にわたって解約したときの利益が非課税になる制度です。1年間に投資できるお金の上限は40万円です(つみたてNISAの詳細は『「つみたてNISA」ってどんな制度?』をご覧ください)。

 現在、新規に投資できる期間は2037年までですが、改正により、2042年まで5年延長されます(図1)。

 仮に2020年からつみたてNISAを利用すると、積み立ての上限額は「40万円×23年=920万円」となります。ただし、非課税期間は最長20年(ロールオーバー不可)なので、ある時点において非課税枠で運用できるのは最大でも「40万円×20年=800万円」までです。