最も税負担が大きいお酒は次のうちどれ?

  • 日本酒
  • ウイスキー
  • ビール

ヒント

夏場に消費量が増加します。1970年から税負担率はほとんど変わっていません。

解答

3:ビール

代表的な小売価格での比較で、ビールの酒税等負担率は42.2%、日本酒は18.1%、ウイスキーは22.2%となっています。1970年から税負担率の推移を見ると、ビールはほとんど変わらないものの、日本酒は年々下がり、1970年で35.3%でしたが、1989年で21.9%、2008年で16.2%でした。ウイスキーも年々下がり、1970年で46.2%でしたが、1989年で41.3%、2008年で21.8%。逆に焼酎(甲類)は1970年で19.9%、1989年で22.7%、2008年は36%と年々上がっています。

≪≪前回のクイズを解く