お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第12回基準価額が下がり続けている投資信託、どうしたら良い?
篠田 尚子
投信のいろは
楽天証券経済研究所のファンドアナリスト 篠田尚子が、「今さら聞けない」投資信託の基礎知識や業界関係者でも間違いやすいポイントについて解説します。投資信託の正しい知識を身につけ、銘…

第12回基準価額が下がり続けている投資信託、どうしたら良い?

2015/2/27
投資信託は、価格変動を伴う有価証券に投資するため、購入チャネルに関係なく元本の保証はありません。しかし、投資判断というのは運用のプロであっても時に迷いが出るものです。
facebook twitter メールで送る 印刷

値上がり期待があるなら買い増しを

投資信託は、価格変動を伴う有価証券に投資するため、購入チャネルに関係なく元本の保証はありません。しかし、投資判断というのは運用のプロであっても時に迷いが出るものです。個人の場合は特に、運用成績が振るわず、含み損を抱えている時ほど冷静な判断ができなくなります。そこで、保有する投信が値下がりを続けている場合にまずご自身に問いかけていただきたい質問があります。

「保有する投資信託は今後値上がりすると思いますか?」

ここで「はい」と即答できる場合は、同じ投信を買い増して平均買付単価を下げましょう。将来的に基準価額が上昇した時、より大きな値上がり効果を期待できます。反対に「いいえ」の場合は、思い切って解約に踏み切り、損失を確定させる覚悟が必要です。

「分配金で損失を穴埋め」の考えは捨てる

極端な選択肢と思われるかもしれませんが、実は非常に厄介なのが「いずれは上がる」と信じ込んでしまうことと、損した分を別の投信で取り戻そうと躍起になってしまうことです。特に最近は、通貨選択型を始めとする高分配投信が人気を集めていることもあり、毎月の分配金を受け取ることで別の投信の損失分を取り戻そうと考える投資家が増えているようです。

投信に元本の保証がないということは既に述べた通りですが、分配金自体も支払いが確約されているものではありません。さらに、高分配投信の中には、元本を取り崩して分配金を捻出しているケースもあるほか、損失を抱えている投信よりリスクレベルが高い可能性もあります。このように、分配金を受け取って損失を穴埋めするというのは、資産分散の観点からも決して有効な方法とは言えません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第12回基準価額が下がり続けている投資信託、どうしたら良い?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第12回基準価額が下がり続けている投資信託、どうしたら良い?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。