facebook twitter
第9回アクティブ型vsインデックス型(上)∼コスト以外の違いは?∼
篠田 尚子
投信のいろは
楽天証券経済研究所のファンドアナリスト 篠田尚子が、「今さら聞けない」投資信託の基礎知識や業界関係者でも間違いやすいポイントについて解説します。投資信託の正しい知識を身につけ、銘…

第9回アクティブ型vsインデックス型(上)∼コスト以外の違いは?∼

2014/11/27
投資信託の運用手法には大きく分けてアクティブとパッシブ(インデックス)の2種類が存在します。アクティブは、ベンチマーク(運用の良し悪しを計る基準)として掲げられたインデックス(指数)を上回る運用成果を目指すのに対し、パッシブはベンチマークと同じ運用成果を目指します。
facebook twitter メールで送る 印刷

低コストが魅力のインデックス型

投資信託の運用手法には大きく分けてアクティブとパッシブ(インデックス)の2種類が存在します。アクティブは、ベンチマーク(運用の良し悪しを計る基準)として掲げられたインデックス(指数)を上回る運用成果を目指すのに対し、パッシブはベンチマークと同じ運用成果を目指します。特定の株価指数に連動するインデックス型は、パッシブ運用を行う投資信託の一種です。なお、資産運用の世界では、アクティブ運用に明確な定義は存在せず、完全なインデックス連動型でないものをアクティブ型と総称することが多くなっています。

分散投資の重要性を説いた現代ポートフォリオ理論によれば、保有銘柄が十分に分散化されたインデックス運用こそが最も効率の良い運用方法であるとされています。更にインデックス運用は、アクティブ運用のように銘柄選定に伴う調査費用がほとんどかかりません。機械的に運用できるため、信託報酬を比較的低く抑えることができ、結果的に投資家が負担する保有期間コストも低く抑えられるというメリットがあります。

インデックス型とベンチマークは「運命共同体」

しかし、機械的に運用を行うということはつまり、銘柄選定の自由度が低いということでもあります。ベンチマークである株価指数の組み入れ銘柄が何らかの理由で急落したり、信用不安が膨らんだ国の債券価格が下落したりという場合でも、指数算出会社が採用銘柄の見直しを行わない限り、特定の銘柄を排除することはできません。インデックス投信に採用されているベンチマークがどれも似ているのは、調査力、分析力に定評のある指数算出会社でないと、マーケットの実態を迅速に反映できないことも関係しています。

例えば、海外株式の代表的なインデックスとしては、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)社が算出するMSCIインデックスシリーズが有名です。先進国のほか、新興国や世界全体を網羅したインデックスもあり、世界中で使用されています。年に4回行われる指数構成銘柄の入れ替え時には、新たに採用された銘柄の株価が上がったり、反対に除外された銘柄の株価は下がったりすることがあるほど大きな影響力を持ちます。

なお、残存年数や発行体によって表面金利などの条件が細かく異なる債券は、株式よりもインデックスの組成が難しいとされています。このため、国内投信でも完全なインデックス連動型というのは株式型ほど多くなく、あくまで特定のインデックスを参考指数として掲げるファンドが主流になっています。

  アクティブ運用 インデックス運用
前提 証券市場は非効率的で、適正な株価が形成されていない。 証券市場は効率的で、あらゆる材料が既に株価に織り込まれている。
運用目標 特定の業種や銘柄に傾斜させることで、ベンチマークを上回る運用成果を目指す。 十分に分散化されたポートフォリオを構築することで、インデックスに概ね連動した運用成果を目指す。
運用コスト 銘柄選定を伴う分、高い 比較的低い
銘柄選定の自由度 高い 低い

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第9回アクティブ型vsインデックス型(上)∼コスト以外の違いは?∼

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第9回アクティブ型vsインデックス型(上)∼コスト以外の違いは?∼

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。