facebook twitter
第8回「超高分配」のカラクリ第2弾∼なぜオプションを使うの?∼
篠田 尚子
投信のいろは
楽天証券経済研究所のファンドアナリスト 篠田尚子が、「今さら聞けない」投資信託の基礎知識や業界関係者でも間違いやすいポイントについて解説します。投資信託の正しい知識を身につけ、銘…

第8回「超高分配」のカラクリ第2弾∼なぜオプションを使うの?∼

2014/10/29
毎月200円以上など、高水準の分配を行うファンドで最近よく用いられているのが「カバードコール」、または「オプション・プレミアム戦略」と呼ばれる運用手法です。今回は、多くの方が難しいと敬遠しがちなオプション戦略について、簡単な例を使ってご説明します。
facebook twitter メールで送る 印刷

毎月200円以上など、高水準の分配を行うファンドで最近よく用いられているのが「カバードコール」、または「オプション・プレミアム戦略」と呼ばれる運用手法です。今回は、多くの方が難しいと敬遠しがちなオプション戦略について、簡単な例を使ってご説明します。

あなたは時価10,000円のA社株式を保有しています。A社株式はこれから10,500円に上がるかもしれないし、9,500円に下がるかもしれません。1カ月後、順調に上昇して10,500円になった場合、500円の収益を手にすることができます。しかし、あなたは万が一9,500円に下落してしまった場合の損失を少しでも抑えたいとも考えています。

実は、こうした悩みを和らげるのが「カバードコール戦略」です

株価下落時の損失を抑えたいあなたは、向こう1カ月の間にA社株式が上昇した場合の収益を500円ではなく最高で300円に抑える一方、代償として今50円の「プレミアム」を受け取る契約を結びました。もし1カ月後にA社株式が10,300円を超えて上昇していたとしても、300円以上の儲けを手にすることはできません。ただし、契約を締結した今の時点で確実に50円の収益が確定します。

では、この契約を結んだ後、1カ月後にA社株価が上昇していた場合、変化しなかった場合、下落していた場合の結果を見てみましょう。

上記の例の場合、あなたが期待できる今月の最大収益は350円です。したがって、A社株式が10,350円を超えて上昇してしまったらこの戦略は失敗ということになり、逆に10,350円未満にとどまったら、たとえA社株式が下落したとしても、戦略としては成功ということになります。

毎月分配型の投資信託の一部で採用されている「オプション・プレミアム戦略」あるいは「カバードコール戦略」と呼ばれる運用手法の概念は、上記のように将来のある水準以上の収益機会を手放す代わりに、現実の収益を受け取るということです。この戦略を毎月繰り返すことにより、上記の「50円」の「プレミアム」に当たる収益が、毎月安定的に分配金の元手の一部として獲得できる仕組みです。

ただし、株価がある一定水準以上に上昇した場合には、その水準以上の収益は受け取れない、というデメリットにも注意しましょう。上記の例では10,350円がその分岐点になります。

ここでは株式の例で説明しましたが、リートや通貨などでも同様の戦略をとることが可能です。株式と通貨の両方でこの戦略を採用しているファンドもあります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第8回「超高分配」のカラクリ第2弾∼なぜオプションを使うの?∼

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第8回「超高分配」のカラクリ第2弾∼なぜオプションを使うの?∼

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。