facebook twitter
第7回毎月200円超!「超高分配」のカラクリを知る
篠田 尚子
投信のいろは
楽天証券経済研究所のファンドアナリスト 篠田尚子が、「今さら聞けない」投資信託の基礎知識や業界関係者でも間違いやすいポイントについて解説します。投資信託の正しい知識を身につけ、銘…

第7回毎月200円超!「超高分配」のカラクリを知る

2014/9/30
近年は、毎月分配型の投資信託の中でも、200円以上など高水準の分配を行う「超高分配」ファンドが人気のようです。10年ほど前までは、格付けの高い先進国債券に投資を行い、30~50円程度の分配金を支払うものが主流でした。
facebook twitter メールで送る 印刷

近年は、毎月分配型の投資信託の中でも、200円以上など高水準の分配を行う「超高分配」ファンドが人気のようです。10年ほど前までは、格付けの高い先進国債券に投資を行い、30~50円程度の分配金を支払うものが主流でした。しかし、2008年のリーマンショック以降、世界的に低金利環境が続くと、あらゆる仕組みを用いて高水準の分配を目指すファンドの設定が相次ぎ、瞬く間に人気に火がつきました。

こうした「超高分配」ファンドの最大の特徴は、「高い分配を可能にするための仕組み」を用いているという点です。ハイイールド債券のような信用格付けの低い債券、リートや高配当株式のなどの高利回り資産に投資を行い、ファンドによってはさらにブラジルレアルやトルコリラのような高金利通貨のほか、オプション取引も組み合わせています。裏を返せば、毎月200円以上の分配を実現するためには、その分だけ多くの収益源を持つ必要があるということです。

なお、投資信託の最終的な分配額は、運用を担う運用会社(投信委託会社)が決定します。多くの収益源を持っているからと言って必ずしも高い分配金が保証されているわけではないという点には注意が必要です。

※2014年8月末時点で3カ月以上にわたり毎月200円以上の分配を行った計13本を掲載。

毎月200円以上の分配を行うファンドは、本数、残高ともに増えています。しかし、一口に「200円以上」と言っても、投資対象資産は多岐にわたっています。「超高分配ファンド」の1階部分にあたる投資対象資産の主なものは以下の3つです。いずれも高分配、高利回りの背景には相応の理由があります。

  • ■ リート
    法人税が免除される分、より多くの利益を投資家に分配することができる。
  • ■ 高配当株式
    業績が景気に左右されにくい企業や、資本効率の良い企業は、投資家である株主に厚めの利益配分を行うことができる。
  • ■ ハイイールド債券
    格付会社によって付与された信用格付けが低い分、投資家は高い利回りを期待できる。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第7回毎月200円超!「超高分配」のカラクリを知る

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第7回毎月200円超!「超高分配」のカラクリを知る

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。