お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
休むも相場
カガワ 先生
マンガでわかる相場格言 投資のお作法
投資の世界には、古くから伝わる「相場格言」なるものがある。人はいかにして投資で失敗し、成功するか、という本質を表した言葉たちだ。カガワ先生が格言をひもとき、現代の相場での立ち回り…

休むも相場

2017/4/21
facebook twitter 印刷する

今回の格言

「休むも相場」

 

どんな格言?

「売買を見送る」のも投資行動の一つ

投資行動は、基本的には3つしかない。「買い」か「売り」か「何もしない」かの3種類。という中で、「休むも相場」は、先行き不透明が色濃い相場では「何もしない(売買を見送る)のがベター」という意味の相場格言である。

株式市場(相場)に「買い」から入れば「株価が下落する相場」がリスクとなるし、「売り」から入れば「株価が上昇する相場」がリスクとなる。一方、相場には「上昇」や「下落」だけでなく、「保ち合い(もちあい)相場」や「横ばい相場」や「もみあい相場」もある。保ち合い相場が煮詰まったあとには「保ち合い放れ」と言われる、新たなトレンド形成がみられる場合もある。

売買行動として、上昇トレンドは取り組みやすく、下降トレンドや保ち合い相場は取り組みにくいのが一般的だ。上昇相場でも、「ここで買うべきか? 上がりすぎでは?」と悩むこともあるはず。

では、そのような「やりにくい場面でわざわざ取引をする必要があるのか?」という問いへのひとつの答えが、今回の相場格言である。

 

どう投資に生かす?

地政学的リスク、政治リスク・・・様子見はアリ

たとえば、2017年3月以降の日本株相場では、米国大統領の政策遂行能力を巡る不安、フランス大統領選挙の行方を巡る不安、地政学リスク(シリア情勢や朝鮮半島情勢)を巡る不安などで先行き不透明感が強くなっている。

為替市場ではリスクオフ(回避)の円買いが強まっている。為替が円高で推移したため、日経平均やTOPIXの年初来騰落率はマイナスに(4月10日時点)。

政治動向や地政学的事象には不確実性が強い場合が多く、予測しにくい事象である。こうした不透明要因の先行きを見極め、相場が明確なトレンドを示すまでは、様子をみる(売買を休む)という行動には「理」があると考えられる。

 

今月のお作法

不確定要素が多くよくわからないときは、投資しないのも手

 
 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください休むも相場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

休むも相場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。