お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
クイズで学ぶテクニカル指標⑤:チャートの節を読む
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略を毎営業日レポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者と…

クイズで学ぶテクニカル指標⑤:チャートの節を読む

2015/8/14
8月10日~14日、窪田は夏季休暇で不在です。その間、「クイズで学ぶテクニカル指標①~⑤」をお届けします。
facebook twitter 印刷する

8月10日~14日、窪田は夏季休暇で不在です。その間、「クイズで学ぶテクニカル指標①~⑤」をお届けしています。

本日は最終回です。「⑤チャートの節を読む」をお届けします。

(1)まず、クイズです。

<クイズ> 勢いよく上がってきたH社とI社、買うならどっち?

(注:筆者作成)

(2)チャートの節(前回の高値)を抜けていないのは、どちら?

H社には、何らかの材料か思惑があるようです。1ヶ月ごとに株価が急騰するのですが、1000円を抜くことができずに急落しています。現在、3回目の上昇で940円まで上昇していますが、まだ、前回の高値を抜いていません。したがって、ここで買うのは得策ではありません。その理由は以下の2点です。

  • 過去2回の急騰時に1000円で買った人たちは、その後の急落で「しまった!」と後悔しています。チャートの節(1000円)に近づくと「やれやれ助かった」と売ってくる可能性大です。
  • 売買高が過去2回の上昇時よりも少ないことが気がかりです。これでは、1000円での戻り売りをこなして上昇できるか確信できません。

(3)3度目の正直

I社も、同じように3回目の上値トライで、1000円まで株価が上昇しています。I社は、既にチャートの節(前回の高値)を抜けています。出来高が高水準で、戻り売りをこなして上値トライしています。ここは買ってみておもしろいところです。その理由は以下の2点です。

  • 過去2回の急騰時の高値で買った人たちは、「しまった!」と後悔しています。ところが、その後3カ月が経過しているので、その間に売却した人も多いと思われます。
  • 売買高が過去2回の上昇時よりも大きく、新たな好材料が出ているようです。1000円台で、さらに上昇できそうです。

暴落した株が再度上値をトライするには、ある程度の日柄整理(時間の経過)が必要です。時間がたつうちに高値で買い付けた人の損切りが進み、また、新たな好材料があらわれることもあります。本問のH社は日柄整理が不十分、I社は日柄整理が十分と言えます。

「クイズで学ぶテクニカル指標①~⑤」をお読みいただき、ありがとうございました。私がファンドマネージャーをしていた25年間に、実際に活用していたテクニックの一部を解説しました。

来週より、窪田は、夏季休暇から戻ります。「3分でわかる!今日の投資戦略」は、毎日の投資判断をお伝えするレポートに戻ります。来週からも、本欄をよろしくお願いいたします。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいクイズで学ぶテクニカル指標⑤:チャートの節を読む

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

クイズで学ぶテクニカル指標⑤:チャートの節を読む

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。