気軽に始められるポイント投資

 ポイントをどのように使っていますか? 買い物や旅行など、ポイントの使い道はたくさんありますが、ポイントで「投資」ができるようになりました。

 楽天スーパーポイント、dポイント、Pontaポイントが「ポイント運用、ポイント投資」のサービスを開始。
 投資に興味があってもなかなか始められなかった人たちが、「ポイントでできるなら!」と始める人が増えています。

そもそも投資ってなに?

 投資は、株式、債券、投資信託、不動産などの商品があります。この中で、ポイント投資で購入できるのは主に「投資信託(とうししんたく)」と言われる商品。投資信託は、ファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家が、株式、債券などさまざまな種類の資産を組み合わせて投資をし、運用します。

 その運用の成果(利益)を私たち投資家に還元する仕組みです。基本的には、お任せでほったらかしにできるので、投資初心者でも始めやすいです。

ポイント投資は気軽でカンタン

 投資を始められない理由として「お金が減るのが怖い」ということがあるかもしれません。確かに、株価の価格は変動するため、商品選びや売るタイミングによっては、利益を得られない可能性があります。

 ポイントを使った投資は、現金を使わないでもできる「0円投資」。おサイフにダメージがないので、初心者にぴったりです。

 証券会社の口座開設が不要で、カンタンに投資の疑似体験ができるサービス(楽天では「楽天Point Club」でポイント運用)もあります。

 

ポイント投資 ポイント別の特徴

 さまざまな会社が、ポイント運用のサービスを提供しています。それぞれの特徴を紹介します。

楽天の「ポイント運用」

「楽天Point Club」のポイント運用はアプリやウェブから設定もカンタン。価格の動く幅が小さい「バランス型」や価格の動く幅が大きい「アクティブ型」の2つのコースから選ぶだけで、投資の疑似体験ができます。100ポイントからスタート可能。そこで増えたポイントは引き出して、もちろんお買い物にも使うことができます。

※ポイントがマーケットの動きにあわせて増えたり、減ったりする「ポイント運用」と、ポイントをお金のようにして投資信託などの金融商品を購入するサービスを「ポイント投資」の2つがあります。楽天証券でポイントを使った投資(ポイント投資)と区別するため、「ポイント運用」としています。

ドコモのdポイント

 投資は口座開設不要、最低100ポイントから、バランス型、アクティブ型から選べる投資信託があり、会費、手数料とも無料のポイント投資です。
 dポイント投資では、ポイントの運用は人間が行うのではなく、「株式会社お金のデザイン」がサービス提供しているAIを活用したロボアドバイザー「THEO(テオ)」が行なっており、ロボアドバイザーに資産運用を任せるサービスが始まっています。

Pontaポイント

 20ポイントから投資が可能。口座開設が不要で特徴は、株式やETFの銘柄を選べることです。選んだ株式の値動きに連動してポイントが増減し、ゲオホールディングス、日本航空、三菱UFJフィナンシャル・グループ、リクルートホールディングス、ローソンなどの有名企業の株に連動した投資ができるなど、リアルな投資に近い商品です。手数料は5%必要です。

ポイント運用をやってみよう! 

 楽天での「ポイント運用」を例に紹介します。楽天会員なら、利用登録はカンタン! 始めるまでステップはたったの3つです。

1.「ポイント運用」サイトにアクセス、もしくは「楽天Point Club​」のアプリをダウンロードし、「ポイント運用」を選択

2.「アクティブコース」、「バランスコース」のどちらかを選択

3.次に運用するポイント数を設定したら、設定完了!投資デビューです。100ポイントから運用可能です。

 さらに多くの商品から自分に合ったものを選びたい人は、ポイントを使った「投資」をはじめてみませんか? ポイントを使って資産づくりをスタートしましょう!

投資のプロが教える!ポイント投資メリット、デメリット>>