お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
金相場は小幅上昇
江守 哲
コモディティ デイリーコメント
貴金属、原油を中心とした商品(コモディティ)マーケットの要点をまとめたデイリーコメント。コモディティマーケットに精通した江守氏の鋭い着眼点に注目。
金相場は小幅上昇。ドル高・ユーロ安が一服したことで買戻しが入り、4日ぶりに上昇した。市場では、12月の米利上げをほぼ織り込んでおり、ドルの上昇基調はいったん収まる可能性があると見られる。
facebook twitter メールで送る 印刷

金相場は小幅上昇。ドル高・ユーロ安が一服したことで買戻しが入り、4日ぶりに上昇した。市場では、12月の米利上げをほぼ織り込んでおり、ドルの上昇基調はいったん収まる可能性があると見られる。

この動きを受けて、金相場の下値は徐々に堅くなりつつある模様。また銀やプラチナも同様に下値を固める動きに入りつつあるようである。

一方、パラジウムは堅調さにやや一服感がみられる模様。他の貴金属と異なる動きになっていたが、高値を更新できないようだと、トリプルトップ完成となり、反落のリスクが高まろう。

非鉄相場は堅調な推移。下がり切らずに戻しており、基調は強いと判断することになろう。非鉄市場に対するリスク選好のうごきは続いていると考えるべきであろう。また原油価格の上昇やドル指数の頭打ちの動きも下値を支えているといえよう。

原油は3週間ぶりの高値を付けた。30日にウィーンで開催されるOPEC総会での減産合意への期待が高まっているようである。これまで市場では、OPECでの減産合意は困難とみており、これが売りにつながっていたが、最近のOPEC加盟国の積極的な動きを見せていることから、ショートカバーが膨らんでいる模様。

OPECの結果次第で市場は大きく動くことになろうが、いまは市場のトレンドを重視しながら、慎重に対処すべきであろう。WTIは48.50ドルを超えると一段高となる可能性は十分にある。

ただし、50ドルに近づくと、米国でのシェールオイル生産が増える可能性がある。これが原油相場の上値を抑えるかにも注目しておく必要があろう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください金相場は小幅上昇

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

金相場は小幅上昇

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。