facebook twitter
金相場は4日ぶりに反発
江守 哲
コモディティ デイリーコメント
貴金属、原油を中心とした商品(コモディティ)マーケットの要点をまとめたデイリーコメント。コモディティマーケットに精通した江守氏の鋭い着眼点に注目。

金相場は4日ぶりに反発

2016/11/16
金相場は4日ぶりに反発。トランプ次期米大統領の経済政策をめぐる不透明感が背景となり、買いが入り始めているとの指摘がある。
facebook twitter メールで送る 印刷

金相場は4日ぶりに反発。トランプ次期米大統領の経済政策をめぐる不透明感が背景となり、買いが入り始めているとの指摘がある。

トランプ氏は国内投資を増やす考えを示しているが、これがインフレ率を高めることで、金利が付かない金への需要を限定させるとみられている。しかし、相場は下げ止まりつつあると見られる。売られすぎもさすがに短期的には行き過ぎた感がある。

今後は政治的・経済的な不透明感が金投資を促すものと思われる。また、安値に下げたことで中国やインドなどのアジア勢の買いも入りやすくなっていると考えられる。ドル指数は100超の水準にまで上げているが、これ以上の上昇に株式市場が耐えられるとは考えにくい。

金利も短期的に上がりすぎであり、調整が入ってもおかしくないだろう。12月の利上げも織り込まれており、金投資の絶好のタイミングである11月の押し目を拾うチャンスが来たように思われる。

2月まではパフィーマンスが良い時期であり、このアノマリーを利用して投資を検討することは一考に値しよう。

非鉄相場はまちまちの動き。アルミ、銅、ニッケルは弱かったが、亜鉛・鉛は続伸して高値を更新している。トランプ次期米大統領への期待が大きく、インフラブームが到来するとの観測が非鉄全般を支えているが、さすがに買われすぎ感が強まっているように思われる。

特に銅については思惑で買われており、その動きは過剰と考えられる。株価が調整すれば、下落に向かう可能性が高いと考えられる。

原油は急伸。OPECが30日に開催する総会で減産合意するとの期待が再び高まったことで買戻しが入ったもよう。OPECのバルキンド事務局長は減産実施について協議するため、今後数日間でイランやベネズエラを含む加盟国を訪問する予定。

OPECは9月28日の非公式会合で減産の方針で合意したが、30日の総会まであと2週間と迫っているものの、OPEC加盟国間や非加盟のロシアとの間で減産の詳細については大きな隔たりがある。合意の履行に向けて、各国が動き出しているもようだが、問題が解決されるかは不透明である。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相はエネルギーフォーラム出席のため訪れるカタールの首都ドーハで、ロシアを含む石油生産国の当局者と協議する見通しと伝えられているが、その行方次第では、市場は大きく揺れ動くことになりそうである。一方で米国の産油量は再び増加傾向にある。この動きが続くようだと、再び上値が抑えられる可能性があろう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください金相場は4日ぶりに反発

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

金相場は4日ぶりに反発

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。