facebook twitter
金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持している。
江守 哲
コモディティ デイリーコメント
貴金属、原油を中心とした商品(コモディティ)マーケットの要点をまとめたデイリーコメント。コモディティマーケットに精通した江守氏の鋭い着眼点に注目。

金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持している。

2016/4/13
金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持しているところに金の真の強さを感じる。投資家心理は完全には強気になっていないようだ。米国株の上昇も実態を伴っていない印象が強い。
facebook twitter メールで送る 印刷

金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持しているところに金の真の強さを感じる。投資家心理は完全には強気になっていないようだ。米国株の上昇も実態を伴っていない印象が強い。

4月は株価がピークをつける時期でもある。ここから金相場の本格的な上昇が始まってもおかしくない。また原油高もサポート要因である。米国企業の1-3月期の決算発表が本格化するが、企業業績は軒並み悪化する見通しである。

これを受けて、FRBによる早期利上げ観測の後退がより強まれば、金利がつかない金が押し上げられることになろう。

非鉄市場は総じて上昇。原油高を背景に買いが入ったようだ。銅は重要なポイントである8,700ドルを回復し、アルミも1,500ドルを維持している。ニッケルや亜鉛、鉛も堅調であり、原油高がきっかけとなり、基調は上向きになりつつある。

一方、中国の3月の新車販売台数は前年同月比8.8%増の244万台となった。2月は半年ぶりに前年水準を割り込んでいたが、3月はプラスとなった。全体のうち乗用車は9.8%増の205万6,000台だった。

中国では景気減速が続いているが、昨秋以降の小型車減税にも支えられる形で初めて車を買う人々の意欲は旺盛である。

原油は大幅続伸。WTIは清算値ベースとしては15年11月下旬以来の高値を付けた。17日開催のOPEC加盟・非加盟国による会合で、増産凍結で最終的に合意に達するとの期待が支援材料となった。

サウジアラビアとロシアの2大産油国は、イラン抜きでも増産凍結で合意する方針を確認したとの報道が相場を押し上げている。サウジはこれまで、増産姿勢を堅持するイラン抜きでの凍結に否定的な見解を示してきたが、会合を数日後に控えて容認姿勢に転じたとみられる。

また米国の17年の国内産油量の見通しが日量804万バレルと、前年比同56万バレル減少することが示されたことも材料視されたようだ。市場では、依然としてドーハ合意は困難との指摘があるが、産油国もきわめて厳しい状況にある。原油価格の引き上げは、産油国にとっては急務であり、一定の成果を強調することになろう。

それを市場がどのように判断するかが週明けの市場のポイントになる。WTIは直近高値の42.49ドルを上抜けると水準訂正の動きがさらに進むことになるだろう。ここには長期トレンドの重要なポイントが控えており、これを抜けると50ドルを超えて、60ドルを目指す動きが加速する可能性がある。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
投資の失敗
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持している。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

金は4日続伸。米国株は上昇したが、それでも高値を維持している。

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
投資ワクワク
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
老後破綻
 
年末高
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。