facebook twitter
「金は米国株高・ドル高・金利上昇で反落、原油は続伸」
江守 哲
コモディティ デイリーコメント
貴金属、原油を中心とした商品(コモディティ)マーケットの要点をまとめたデイリーコメント。コモディティマーケットに精通した江守氏の鋭い着眼点に注目。

「金は米国株高・ドル高・金利上昇で反落、原油は続伸」

2017/5/24
ドルが6カ月半ぶり安値水準から反発したことが材料視された。英国の自爆テロ事件による政治的リスクの高まりは材料視されなかった。
facebook twitter メールで送る 印刷

金相場は下落。

ドルが6カ月半ぶり安値水準から反発したことが材料視された。英国の自爆テロ事件による政治的リスクの高まりは材料視されなかった。英中部マンチェスターのコンサート会場で起きた爆発事件では、死者が少なくとも22人に上り、ドルが対英ポンドで上昇したものの、金を押し上げるにはならなかった。

一方、トランプ政権は初の2018会計年度(17年10月~18年9月)予算教書を議会に提出したが、その内容は実現不可能なものが多いとみられているものの、市場では材料視されていない。

トランプリスクを市場は重視しなくなっており、これが米国株高につながっており、債券売りを背景とした米長期金利の上昇を促している。これがドル高につながり、金相場の上値は重くなりやすくなっている。

金相場の上値は1,265ドルで打たれており、目先の上値を付けた可能性が高まっている。調整基調に入れば、いったんは1,235ドルから1,225ドル程度までの下げになる可能性がある。

24日はFOMC議事要旨の発表があるが、よほどの内容でない限り、材料視されることはないだろう。また、米国株高が続けば、FRBによる6月利上げ確率が高まることになり、これも金相場を圧迫することになろう。

非鉄相場はまちまち。

アルミは1,950ドルを回復。銅も続伸した。4月の中国の銅輸入は前年同月比で41%減少したが、信用引き締めや人民元安などが背景とみられており、懸念する必要はなさそうである。ニッケルは反落したが9,300ドルを維持している。亜鉛は続伸して2,700ドルを試す動きにあるが、一方で鉛は引き続き上値の重い展開が続いている。

原油は続伸。

トランプ政権が戦略石油備蓄(SPR)の半分の売却を提案したことから、OPEC主導による協調減産が延長されるとの観測が重視されたもよう。OPEC加盟国と非加盟産油国は25日にウィーンで行われる会合で、減産延長について検討する。

サウジアラビアは減産の延長期間を当初計画の6カ月より長い9カ月とする方針。クウェートとアルジェリア、エクアドル、メキシコの代表は、減産延長への賛同を表明している。

延長期間が9カ月となり、さらに減産幅が拡大されれば、原油相場はさらに押し上げられる可能性が高まるだろう。

一方、トランプ政権が提出した予算教書では、18~27年にSPR(約6億8,800万バレル)の半分を売却する案が盛り込まれた。10年間の売却では日量10万バレル未満のペースになる。これは1日当たりの世界原油需要の0.1%を若干上回る程度であり、原油相場への影響は無視できるだろう。

米石油協会(API)が公表した19日までの週の米国内の原油在庫は前週比150万バレルだった。オクラホマ州クッシングの原油在庫は21万バレル減だった。またガソリン在庫は同320万バレル減、ディスティレート在庫は同190万バレル減だった。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「金は米国株高・ドル高・金利上昇で反落、原油は続伸」

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「金は米国株高・ドル高・金利上昇で反落、原油は続伸」

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月優待祭
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
投資の失敗
 
ハゲタカ特集
 
老後破綻
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
動画でわかる
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。