投資信託の投資法、積み立てorスポット、どっちがいいの?

 投資信託の買い方には、「スポット購入」と「積立注文」という2つの方法があります。

「スポット購入」では、自分が好きなタイミングで好きな金額の投資信託を一括購入します。

「積立注文」では、毎月決まった日に、決まった金額で自動的に投資信託を買い付けていきます。

 以前は、数十万円、数百万円など、ある程度まとまった資金でスポット購入というのが一般的な投資信託の購入方法でしたが、近年は、つみたてNISA(ニーサ:少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の普及とともに、少額の積み立ても広く浸透してきました(楽天証券の場合、最低購入金額は、スポット購入、積立注文ともに100円以上1円単位)。

 では、そのスポット購入と積立注文は、それぞれどのような特徴があり、どのような方に向いているのでしょうか。まずは、資産形成の一手法として定着した積み立てから見ていきましょう。