※このレポートは、YouTube動画で視聴いただくこともできます。
著者の窪田真之が解説しています。以下のリンクよりご視聴ください。
[動画で解説]NISAとつみたてNISA どっちを使う?上級者向けアドバイスも
---------------------------

資産形成は、非課税口座で

 中長期の資産形成には、NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)またはつみたてNISAなど非課税貯蓄口座を活用するべきです。よくわからないと放っておくのはもったいないことです。

 楽天DI(読者の皆さまへのアンケート調査)で、2020年および2021年のNISA・つみたてNISA利用状況についておうかがいし、4,800名を超える方から回答をいただきました。結果は、以下の通りです。

「2020年にNISA、つみたてNISAをしたか?」「2021年にNISA、つみたてNISAをしたか?」に対する回答(2021年4月時点)

出所:2021年4月楽天DI

 年々利用者が増えていますが、4月時点でまだ利用していない人が24.5%いました。20歳以上の国内居住者ならば、誰でも利用できる制度なので、利用した方が良いと思います。

 課税口座(特定口座)で投資して、仮に将来100万円の利益(値上がり益+金利・配当収入)が得られるとします。分離課税選択の場合、利益から約2割(正確には復興所得税を合わせて20.315%)の税金(源泉税)が差し引かれます。

 NISAで投資すれば非課税なので、まるまる100万円受け取れます。その差は大きいです。