間もなく確定申告が始まります。2020年の税制改正で、所得から差し引かれる基礎控除や給与所得者控除の金額が変更になります。その変更点を正しく説明しているのは?

  • 所得2,400万円以下の人は、所得税の基礎控除額が38万円から58万円に引き上げられ、その分、減税になる
  • 給与収入が850万円超の人は、給与所得控除額が一律195万円に引き下げられ、以前より増税になる人もいれば、減税になる人もいる
  • 給与収入850万円以下の人は、給与所得控除額が10万円引き下げられるが、所得税の基礎控除額が10万円上がるため、影響はない

ヒント

一定の収入以下の人は、基礎控除の引き上げと給与所得控除の引き下げで所得税が変わらない人が多いようです。

解答

3:給与収入850万円以下の人は、給与所得控除額が10万円引き下げられるが、所得税の基礎控除額が10万円上がるため、影響はない

それまで一律38万円だった基礎控除額が、2020年の税制改正によって、合計所得が2,400万円以下の場合、基礎控除額が48万円に引き上げられ、対象者にとって減税効果があります。ただし、給与収入850万円以下の人は、給与所得控除が10万円引き下げられるので、「基礎控除がプラス10万円、給与所得控除がマイナス10万円」で、他の条件が同じなら、所得税に変化はありません。一方、給与収入850万円超の人は、給与所得控除が10万円以上減額となり、増税になります。

≪≪他のクイズを解く