失敗談:番外編 ロールオーバー

【失敗談:番外編】ロールオーバーし忘れた!

 初心者によくある失敗、というわけではありません。ある上級者の失敗談で、今年、以下のような話を聞きました。

 その方は、2015年にNISA枠を設定し、枠いっぱい三菱商事に投資しました。三菱商事は、高配当利回り株で、毎年配当金が得られるのを楽しんでいました。NISA投資なので、配当金は当然、非課税でした。

 ただし、毎年付与されるNISA枠は、5年で終了します。2015年に設定した枠は、2019年末で終了しました。引き続き、NISAで投資を続けたいならば、2020年に新たに付与されるNISA枠に「ロールオーバー」する必要がありました。その方は、ロールオーバーするつもりでいて、ついつい忙しくて、2019年中にロールオーバーの手続きをしませんでした。

 そのため、投資していた三菱商事株は、2020年から一般口座で課税扱いとなり、配当金から源泉税が差し引かれるようになってしまいました。

 いったん一般口座に移された三菱商事株を、2020年に新たに得られるNISA枠に、後から入れることはできません。

【対策】
ロールオーバーは忘れないようにしましょう。

 2016年に付与されたNISA枠は、2020年末で終了します。ただし、2021年のNISA枠にロールオーバーすることもできます。ロールオーバーを予定している方は、ロールオーバーができるようになったら、忘れずに手続きしましょう。