「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏が買ったことで話題の5大商社株。5社の2020年3月期の収益を高い順に並べたとき、正しいのは?

  • 三菱商事 > 三井物産 > 住友商事 > 伊藤忠 > 丸紅
  • 三菱商事 > 伊藤忠 > 三井物産 > 丸紅 > 住友商事
  • 伊藤忠 > 三菱商事 > 三井物産 > 住友商事 > 丸紅

ヒント

商社にとって「収益」とは売上高に相当します。ちなみに2020年3月期の「営業利益」は伊藤忠 > 三菱商事 > 三井物産 > 住友商事 > 丸紅の順でした。

解答

2:三菱商事 > 伊藤忠 > 三井物産 > 丸紅 > 住友商事

2020年3月期の5大商社の収益(「営業収益」ともいう)は、三菱商事14.7兆円、伊藤忠11.0兆円、三井物産6.89兆円、丸紅6.82兆円、住友商事5.3兆円の順になっています。ただし、「営業利益」に関しては、繊維、食料部門が主力で中国に強い伊藤忠が、資源価格下落の悪影響を受けやすい三菱商事を上回っています。商社の多くは資源や金属部門の収益比率が高く、世界的にデフレが進む状況では成長性に疑問符がつくため、長年、割安で放置されていました。しかし、投資の神様と称されるウォーレン・バフェット氏が注目したことで、今後、人気化する可能性もあります。

≪≪他のクイズを解く