なぜ積立投資が最強なのか

 2020年に入り、コロナ・ショックによる株価急落が一つのきっかけとなり、20~30代の若い世代で投資を始める人が増えているようです。

 とはいえ、まだ投資を始めていない方の中には、「興味はあるけれど、私の今のおサイフ事情を考えると、大きな金額は投資に回せないなぁ…」「少額で投資したってあんまり意味がないんじゃないの?」など、金額面がネックだと考えて、なかなか第一歩を踏み出せない方は多いかもしれません。

 でも実は、投資の第一歩で「金額面がネック」とあきらめる必要はありません。「積立投資」という方法があります。毎月の積立額は少額でも、コツコツ積み立てを続ける積立投資は、「時間」が最大の武器になるからです。この「時間」とは、1年や2年などの短期ではなく、あなたの人生のうちの10年、20年といった単位の長期、超長期の時間のこと。積立投資に数十年単位の時間をかけられる20~30代は、それだけで既に最大の武器を持っているのです。

 そこで、「時間」がいかに最大の武器になるか実感できる積立投資シミュレーションをしてみましょう。まず積立額は、楽天証券で積み立てを始めた方の実際の「積み立てデビュー額」を使います。これを毎月積み立てていった場合の積み立て効果、果たしてどれほどになるのでしょうか。