戦争やテロ、地震や台風、感染症のまん延が起こると上がる株の説明で誤っているのは?

  • 新型肺炎など感染症がまん延すると、マスク、消毒液、防護服メーカーの株が上がる
  • ミサイル発射など外国との緊張関係が高まると、防衛産業に関連する株が上がる
  • 大規模な地震が発生すると、復興期待で不動産会社や鉄道会社の株が上がる

ヒント

地震や台風など天災が起こると、交通や不動産などインフラ設備にも被害が出て、関連企業は損害を受けます。

解答

3:大規模な地震が発生すると、復興期待で不動産会社や鉄道会社の株が上がる

地震や台風など大規模な天災が発生すると上がるのは、被害を受けたインフラの復興事業に参加する土木・橋りょう、地盤調査などに関連した建設・資材関連株です。逆に、不動産会社や鉄道会社などは保有するインフラ設備の被害や交通網の混乱、不動産需要の落ち込みを心配して下がるケースが多くなります。今回の新型肺炎のまん延では、防毒マスクや防護服メーカーの株が需要拡大の思惑から急騰しています。

≪≪他のクイズを解く