中国株投資で大きな資産を築き上げたサラリーマン投資家、よしぞうさんインタビュー、中編をお届けします。今回は、リーマン・ショックで元本割れに追い込まれてから復活を遂げるまでの経緯を中心に、お話を伺いました。

>>中国株の基本ルールと選び方&買い方を楽天証券外国株チームが解説!

投資に失敗はつきもの。失敗を糧に成長することが大事

──前編では、リーマン・ショックで大きな損失を出したと伺いました。どれくらいの損失だったのですか?

 リーマン・ショックの前年に2,500万円まで増えたのですが、最終的には980万円まで減りました。その時点で投資元本は1,100万円でしたから、マイナス120万円、つまり、元本割れに追い込まれたわけです。

同じ人口過多で急成長が見込めるインドについて聞いてみましたが、よしぞうさんは「まだ時期が早いかな」と分析。「投資できる先が少なくて、インド系の投信くらいしか買えるものがない。ADR(米国預託証券。米国の証券市場で売買されている、米国以外の国々の代替証券のこと)でNY市場に上場しているインド企業はいくつかありますが、その中で“これは欲しい!”と思える銘柄があまりないんです。買うならばインド最大手でないとちょっと怖い。今は情報だけを集めておいて、いざ買えるときに備えている状態ですが、10年単位で先の話ですね…」

──当時保有していた株の評価額が980万円まで下落したんですか?

 いえ、そうではありません。リーマン・ブラザーズ破綻後、保有していた銘柄の株価がみるみる下がっていきました。最盛期には含み益が1,400万円ほどあったわけですが、気がつけば1,000万円を割り、500万円を割り…、という状況でした。はじめのうちは、「いくら何でも元本割れはないだろう」と楽観していましたが、それが現実になってきたんです。そうなるともうパニックです。大量に株を保有していることが怖くなって、徐々に売却していったんです。

──いわゆる「狼狽売り」ですね…。

 はい…。それで、最終的には当時、主力にしていた「山東威高」以外、すべて売り払いました。その「山東威高」もその後1日で30%の急落をしてしまい、すべてキャッシュに戻してしまいました。

──たいへんな経験でしたね…。

 まったくです(苦笑)。でも、今思うと貴重な経験ができました。すでに投資を始めて3~4年経っていたし、暴落時にどうしたらいいかくらい、分かっているつもりでした。どれだけ暴落してもいつか回復する、だから焦ったりうろたえたりせず、ひたすら耐えることが大事だと。ところが、いざ暴落に巻き込まれると、とても冷静ではいられませんでした。へたをしたらすべて失うのではないかという恐怖に襲われるんですね…。人間、窮地に追い込まれると、平常心を保つのは難しいとよく分かりました。

──実際、売らずに保有していれば損失は抑えられたのですか?

 ほとんどの銘柄は売却後、しばらくして回復しましたから、少なくとも元本割れはなかったでしょう。

──後悔はありますか?

 それはもちろんあります。ただ、投資に失敗はつきもの。長く投資をやっていて、一度も失敗したことがない人なんて絶対いないはずです。ですから、今は「失敗は恥ではない、成長の源である」と考えるようにしています。失敗を糧にして成長することが大事なのだと。もっとも、万が一、投資資金をすべて失ったりしたら、市場からの退場を余儀なくされますから、決して無茶はできませんが。

──リーマン・ショックの時も、元本を減らした程度で済んだから復活できたわけですものね。

 はい、おっしゃる通りです。