2019年の株式市場は世界的に好調でした。では、次のインデックス・ファンドの中で成績が最も良かったのは?

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS 国内リートインデックス
  • eMAXIS Slim国内株式(日経平均)

ヒント

米国の株価指数は、2019年10月から12月にかけて連日のように史上最高値を更新しました。

解答

1:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

「eMAXIS」は三菱UFJ国際投信が運用するインデックス・ファンドのシリーズ名です。その中で2019年に一番成績が良かったのは米国株価指数S&P500種株価指数に連動する「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」。基準価額の年間上昇率は30%を超えました。以下、先進国株式、欧州リート、全世界株式の順で成績が良く、次いで「eMAXIS 国内リートインデックス」が25%以上の上昇、「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」が20%以上の上昇。同じインデックス・ファンドといっても、投資対象によってパフォーマンスに差が出ることを理解しましょう。

≪≪他のクイズを解く