9月28日に東京丸の内でポーラ・オルビスホールディングスによる『女性のためのエンパワーメントセミナー』が開催されました。

 定員をはるかに超える応募数が集まり、大入り満員となった当日の会場。気になる人気のセミナーの様子をレポートします。

 ※本サイトはIR広告であり、本広告を以って楽天証券が特定の銘柄の売買を推奨するものではありませんので、ご注意ください。

入り口のアートな展示に期待が高まる

 フクラシア丸の内オアゾで行われた今回のセミナー。

 受付にはプロジェクションマッピングによるアートな商品展示やポーラ製品に触れられる特設ブースなど全国で実施されているポーラ体験イベントが設置され、入り口からウキウキと期待が高まる印象です。

 会場に入ると各席には「恵美茶(めぐみちゃ)」の試飲が用意されていました。

 ポーラが販売する「恵美茶(めぐみちゃ)」は、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」を高配合したアンチエイジングが期待できるお茶です。

 ※全国のポーラのお店でカタログ販売

「未来を予想通りにデザインする」とは?

 女性を対象にした『エンパワーメントセミナー』は、投資初心者にも分かりやすいお金との向き合い方のお話しからスタートしました。

「投資」の「美人」になるためには将来のビジョンを明確に持つことが大事と語る久富有里加さん(美人投資代表兼ファイナンシャルプランナー)。 

 久富さんの講義では、会場に集まった一人ひとりが夢の優先順位をシートに書き出すワークを実施しました。

「スタンフォード大学の研究では、将来の夢や目標を書き出す作業をする人としない人では、生涯年収が9倍も変わる結果が出ている」という興味深いエピソードも語られ、投資の目的やゴールを今、明確に定めておく必要性を理解できました。

「投資先を選ぶときは、消費者目線で企業が販売している商品をみて、この商品いいな、売れているな、という感覚に従うのもいいと思います。短期的な投資も悪くありませんが、毎日の変動に惑わされず目標に沿った軸を持つことが投資の美人になるコツです。企業に期待して“育てる”目線の長期的な資産運用をすることは、実は女性の得意分野なのです」と、女性ならではの感性を活かした投資先の選び方をアドバイスしてくださいました。

 実際にポーラ・オルビスホールディングスの株主には女性が多く、製品の愛用者が株式を購入することも少なくありません。