お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
「金」は1,300ドル台を維持。燃料不足リスクでガソリン高
江守 哲
コモディティ デイリーコメント
貴金属、原油を中心とした商品(コモディティ)マーケットの要点をまとめたデイリーコメント。コモディティマーケットに精通した江守氏の鋭い着眼点に注目。

「金」は1,300ドル台を維持。燃料不足リスクでガソリン高

2017/8/31
・金は1,300ドル台を維持
・非鉄は上昇
・燃料不足リスクから、ガソリン高
facebook twitter メールで送る 印刷

金は1,300ドル台を維持

 金相場はほぼ横ばいでの推移。ドル高を嫌気した売りが出たことで、前日付けた9カ月半ぶりの高値からは下げたものの、底堅い展開といえる。

 米朝間の新たな緊張関係が1,300ドル台の維持につながっているのだろう。今は1,300ドル台を固める時期にある。ドル安基調は今後も継続する可能性が高い上、地政学的リスクや米政権の不安定感もあり、金は買われやすい地合いにある。

 また、これまで安値を待って押し目を買おうとしていたインドや中国も1,300ドル割れはないと判断すれば、高値でも買う可能性がある。そうなると、ますます下値は堅くなる。

 米国株の堅調さと金相場の底堅さが同居する地合いが続くものと思われる。1,300ドルを割れるようなことがあったとしても、1,280ドルから1,265ドルは相当堅いサポートとして機能することになりそうである。

非鉄は上昇

 非鉄相場は堅調。LME(ロンドン金属取引所)在庫はすべての銘柄で減少している。

 アルミは小幅上昇したが、2,100ドルをわずかに下回っている。銅は小幅反落だが、きわめて強い基調は維持されている。ニッケルは反落したがやはり高値を維持している。

 中国のステンレス鋼需要の伸びやニッケル鉱石の主要輸出国フィリピンからの供給減少に支えられている。さらに、リチウムイオン電池向けのニッケル需要の増加期待も背景にある。供給はフィリピンの輸出がモンスーン降雨や鉱山の検査、操業停止などで減少。中国のニッケル銑鉄工場の一部も環境検査のため操業停止しているという。亜鉛は反落し、鉛も下げているが、基調は変わっていない。

 非鉄相場はこれまで指摘してきた通りの上昇となってきたが、これまで悲観的な見方が多かっただけに、買い遅れた向きの買いが相場を押し上げる可能性は大きいだろう。今の非鉄相場の堅調さを無視することは、もはやできないだろう。

燃料不足リスクでガソリン高

 原油は下落。しかし、米ガソリン先物が大幅続伸し、約2年ぶり高値を付けている。巨大ハリケーン「ハービー」による洪水被害で米国の製油施設の4分の1近くが停止したことから、原油需要が抑制される一方で、燃料不足のリスクが高まっていることが、ガソリン高・原油安につながっているようである。

 ガソリン先物は一時2015年7月以来の高値となる1.9140ドルを付けた。一方で、ブレント原油のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)に対するプレミアムが一時2年超ぶりの水準に拡大している。

 製油所が10日間以上も操業停止となれば、石油製品の不足は深刻になる。一方で原油生産も減少しており、これもいずれ材料視されることになるだろうロイヤル・ダッチ・シェルはメキシコ湾の石油ガス生産プラットフォームの再稼働の準備のため、作業員らを再派遣しつつあるとしているが、ハリケーンの被害や石油施設の停止の影響は今後数週間続くとみられている。

 また、テキサス州ポートアーサーにある、モティバ・エンタープライゼスが所有する国内最大の製油所は30日午前に操業を完全に停止している。操業再開は浸水した水が引くかどうかで見極めるとしている。同製油所の精製能力は日量60万3,000バレル。

 一方で、EIA(米エネルギー情報局)が発表した石油在庫統計は、ハリケーン前の統計であるため、市場では強材料視されなかった。原油在庫は前週比540万バレル減の大幅減だった。

 ガソリン在庫は変わらず、ディスティレート在庫は70万バレル増。原油生産は2万バレル増加した。来週発表される在庫統計では、ハリケーンの当初の影響が反映されることになる。ここでどのような数値が出るかによって、相場は大きく変動する可能性がある。現段階の市場の反応を考慮した場合、原油生産や在庫が減少していれば、上昇圧力はきわめて大きなものになりそうだ。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「金」は1,300ドル台を維持。燃料不足リスクでガソリン高

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「金」は1,300ドル台を維持。燃料不足リスクでガソリン高

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。