お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
過度な懸念で下げた南アフリカランドに買い場到来か?
eワラント証券
eワラントレポート
eワラント証券が配信する旬な話題や材料をテーマとした特集レポートです。

過度な懸念で下げた南アフリカランドに買い場到来か?

2017/4/24
四月上旬、大手格付け会社 S&P が南アフリカの外貨建て国債を BB プラスに格下げしました。同国のゴーダン財 務相が突如ズマ大統領に解任されたことが原因と考えられます。
facebook twitter 印刷する

四月上旬、大手格付け会社 S&P が南アフリカの外貨建て国債を BB プラスに格下げしました。同国のゴーダン財 務相が突如ズマ大統領に解任されたことが原因と考えられます。南アフリカランド対円相場は大きく下落しまし たが、南アフリカ国債が代表的な債券指数から除外されない限りは売られすぎとも考えられます。

格下げのインパクト

南アフリカランド対円相場は、格下げの発表の 1 週間ほど前から下落基調にありました(図 1)。3 月下旬にゴ ーダン財務相がロンドンで機関投資家向け説明会を行っていたときに、突如ズマ大統領から帰国命令を受けたと いう報道が出てからです。ズマ大統領による内閣改造の実施観測とゴーダン財務相解任の憶測が南アフリカラン ド対円相場の下落を招きましたが、直近では戻しつつあります。

 

南アフリカの自国通貨建て国債は BBB マイナスの投資適格を維持していますが、自国通貨建て国債の格付けが S&P で BBB マイナス、かつムーディーズで Baa3 未満、いわゆる投資適格でなくなると、債券投資家による南アフリカ国債の売りを誘発すると考えられます。

南アフリカ国債は、代表的な債券運用の指数であるシティグループ世界国債インデックス(WGBI)に組み入れられており、もし自国通貨建ての国債の格付けが S&P とムーディーズで共に投資適格でなくなると翌月からWGBI から除外されることになります。

世界中の機関投資家、例えば年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も WGBI を債券運用のベンチマークにしているので、南アフリカ国債が WGBI から除外された場合は南アフリカ国債の売却圧力が高まり、南アフリカランドの売りを誘発する可能性があります。

2012 年の相場を振り返ってみると・・・

南アフリカランド相場に対する指数除外のインパクトを考えるにあたり、南アフリカ国債が WGBI に採用された 2012 年前後を振り返ってみましょう(図 2)。当時は 4 月の時点で南アフリカ国債の新規採用が予想されていま したが、実際の組み入れ開始の 10 月まで南アフリカランド相場は思惑に反して下落基調にありました。運用資 金が南アフリカ国債に流れ始めた 10 月以降は上昇に転じています。

 

今後の投資戦略

2012 年は南アフリカランド相場の上昇期待は早々に織り込まれており、組み入れ開始まで思惑とは反対に下落基 調をたどりました。これを踏まえると、現在の南アフリカの自国通貨建て国債は投資適格を維持しており、WGBI の除外基準に該当していないので、今般の南アフリカランド相場の下落は過度に WGBI 除外リスクを意識したものであり、行き過ぎた反動から上昇基調を維持するかもしれません。

一方で、今後、南アフリカ国債がWGBI の除外基準に該当した場合は南アフリカ国債の売りに伴って南アフリカランド相場の下落が予想されますので、その場合はコール型を手仕舞い売りし、プット型を保有することを検討します。

 

参考銘柄

<南アフリカの自国通貨建て国債が投資適格を維持している間>

コール型 e ワラントの参考銘柄

南アフリカランド コール型 173 回:権利行使価格 7 円、満期日 2017 年 7 月 12 日
南アフリカランド コール型 174 回:権利行使価格 8 円、満期日 2017 年 7 月 12 日
南アフリカランド コール型 171 回:権利行使価格 8 円、満期日 2017 年 5 月 10 日

 

<南アフリカの自国通貨建て国債が S&P とムーディーズで共に投資適格でなくなったら>

プット型 e ワラントの参考銘柄

南アフリカランド プット型 153 回:権利行使価格 9 円、満期日 2017 年 11 月 8 日
南アフリカランド プット型 152 回:権利行使価格 8 円、満期日 2017 年 11 月 8 日
南アフリカランド プット型 155 回:権利行使価格 8 円、満期日 2018 年 1 月 10 日
※参考銘柄は南アフリカランド対円相場が 8 円 40 銭台にあるときに選定

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください過度な懸念で下げた南アフリカランドに買い場到来か?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

過度な懸念で下げた南アフリカランドに買い場到来か?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。