お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
銅相場の下落と意外な銅関連株とは?
eワラント証券
eワラントレポート
eワラント証券が配信する旬な話題や材料をテーマとした特集レポートです。

銅相場の下落と意外な銅関連株とは?

2017/5/22
今年 2 月に高値を付けた銅相場は下落傾向にあります。銅相場の直近の状況と、銅相場に関係が深い日本株などについて紹介します。
facebook twitter 印刷する

今年 2 月に高値を付けた銅相場は下落傾向にあります。ロンドン金属取引所(LME)の 3 ヵ月先物は今年 2 月に 1 トン当たり 6,100 ドルを超えていましたが、直近では 5,500 ドル~5,600 ドルほどまで下落しています。本稿銅相場の直近の状況と、銅相場に関係が深い日本株などについて紹介しています。では

直近の銅相場の状況

図は LME 銅の 3 ヵ月先物の推移(ドル/トン、日足)です。図には掲載されていませんが、銅相場は昨年の 7月から 10 月にかけても停滞していました。10 月末からは株式相場と同様に上昇に転じていました。これはトランプ政権による米国を中心とする世界景気の拡大が期待されたことなどが要因かもしれません。しかし、2 月以降は銅相場は再び下落局面にあります。

 

銅は発電、建築、通信、基盤などにかかわる様々な製品に利用されているため、銅価格は景気動向に敏感に反 応する傾向があります。銅相場は世界経済の先行指標とも言えるかもしれません。直近の下落の背景としてはト ランプ政権によるインフラ投資への期待感がしぼんだことがあるのかもしれません。また、世界の銅需要の 4 割 を占める中国の経済の先行きに対する懸念を反映している可能性もあります。

日本株などへの影響

銅相場の動向は一部の日本株にも影響を与えるものと考えられます。住友金属鉱山(5713)や、銅鉱山を手掛ける商社などはすぐに思いつくところですが、株価と銅相場の関係を分析したところ、意外な銘柄も銅相場との関係性が見られました。

以下は、e ワラントの対象原資産になっている株式と指数を対象として、過去 2 年間で値動きの関係性について調べた結果、正の関係が強かったものです。正の関係とは、銅相場が上がったときに株価や指数値が上がり、銅相場が下がったときに株価や指数が下がったという関係があったということです。

住友金属鉱山(5713):銅関連株の代表格。チリで銅鉱山開発、銅製品を製造。
ハンセン指数(HSI)、ハンセン H 株指数(HSCE):中国の株価指数は銅相場とも強い関係性。
コマツ(6301):同社の鉱山機械が銅鉱山の開発に利用されていることが影響か?
東京海上ホールディングス(8766):鉱山機械などに掛ける機械保険への影響が株価に?
三井金属鉱業(5706):銅箔生産で銅相場に関係するも、同社のメインは銅よりも亜鉛。

e ワラントには銅相場を対象としたプラス 5 倍、マイナス 3 倍のレバレッジトラッカーがあります。中長期的な銅相場の下落を想定する場合は、マイナス 3 倍トラッカーを保有するのも一手です。より大きなリターンを狙うのであれば、銅相場と関係性の高い上記の株価および指数を対象とする、プット型 e ワラントを検討してもよいでしょう。

なお、以下の銘柄は分析の結果、銅相場との関係性があまり認められなかったものです*。事業内容を考慮すれば当然の結果とも言えそうですが、これらの銘柄にも e ワラントを通じて投資することができます。

LINE(3938)
サイバーダイン(7779)
ダブル・スコープ(6619)
そーせいグループ(4565)
JT(2914)

*過去 2 年間の銅先物価格を説明変数とする回帰分析において、決定係数が e ワラントの対象原資産の中でも 0 に近い結果となった銘柄。 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください銅相場の下落と意外な銅関連株とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

銅相場の下落と意外な銅関連株とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。