1953(昭和28)年8月28日

日本テレビ放送網が初の民間局として放送開始

 1953(昭和28)年8月28日、日本テレビ放送網が放送を開始しました。民間テレビ局として初めてです。

 1952年7月末に日本で初めて放送免許を取得。午前11時20分の本放送の第一声は「JOAX-TV、こちらは日本テレビでございます」。JOAXは放送局ごとに割り振られるコールサインです。その後、開局記念式典が実況中継され、吉田茂首相が挨拶に立ちました。

 当日は歌番組やニュース、天気予報などが放送されました。放送終了は午後9時15分でした。途中、正午の時報が放送されないハプニングがありましたが、NHK以外のテレビ局の放送とあって、視聴者の目には新鮮に映ったようです。ちなみにNHKの本放送スタートはこの年の2月1日です。

 1955年にはラジオ東京(現TBSテレビ)、翌1956年には大阪テレビ放送(現朝日放送テレビ)と中部日本放送(現CBCテレビ)と開局が相次ぎ、テレビが家庭に急速に浸透していきます。

 

1953年8月28日の日経平均株価終値は

415円90銭