facebook twitter
何に投資する?「リスク性資産」と「安全資産」1
大澤 健吾
長期投資って本当にいいの?
投資の基礎である長期投資。長期投資がなぜよいのか、なぜ初心者に向きであるのかをお伝えします。

何に投資する?「リスク性資産」と「安全資産」1

2018/6/6
・何に投資する?
・「リスク性資産」と「安全資産」
・「リスク性資産」と「安全資産」の特徴1
・「リスク性資産」と「安全資産」の特徴2
facebook twitter メールで送る 印刷

何に投資する?

「何に投資するか」で、まず思いつくのが、トヨタやNTTなど日本を代表する会社の株だと思いますが、投資対象は、株だけではありません。

 他にも、債券、不動産、商品、為替があります。さらには、ワインに投資する金融商品や、空港や高速道路、映画やミュージシャンに投資するものもあります。しかし、特殊なものは、仕組みを理解するのが難しいため、今回は一般的な投資対象についてお伝えします。

 

「リスク性資産」と「安全資産」

 まず投資対象は「リスク性資産」と「安全資産」という二つに大別できます。「リスク性資産」は、読んで字のごとく、リスクが高そう、何だか危なそう、「安全資産」は、そのまま安全なものかなぁと漠然と思うのではないでしょうか? 実際のところ、その感覚通りで、おおむね正しいです。ちなみに、「リスク性資産」の代表格は“株式”、「安全資産」の代表格は“債券”です。

 よく投資の世界では、「ハイリスク・ハイリターン」、「ローリスク・ローリターン」という言葉が使われます。「ハイリスク・ハイリターン」は、高いリターンが欲しければ、高いリスクを取らなければならない、「ローリスク・ローリターン」は、低いリスクしか取ることができなければ、高いリターンは望めず低いリターンで我慢するしかない、ということです。これを専門用語で「リスクとリターンのトレードオフ」と言います。

 この「リスクとリターンのトレードオフ」に基づくと、「リスク性資産」=「ハイリスク・ハイリターン」、「安全資産」=「ローリスク・ローリターン」ということになります。

 ご注意いただきたいのですが、「安全資産」の「ローリスク・ローリターン」は元本保証を意味しません。「安全資産」の“安全”は、「リスク性資産」に対して相対的に“安全”ということを意味するだけで、元本割れとなるリスクは常にあります。

 

「リスク性資産」と「安全資産」の特徴1

「リスク性資産」と「安全資産」の特徴を詳しく見ていきましょう。

リスクとリターン

 投資の世界では、リターンという言葉があります。日本語に訳すと、収益率です。株式で言えば、以下の式で計算されます。

今日の株価 ÷ 昨日の株価 -1 = リターン(収益率)

 このリターンは毎日変わりますが、一定期間、計測すると、投資するものによって、リターンの出方に傾向が出てきます。株式であれば、リターンが激しく変動する一方、債券であれば、株式と比べ、リターンの変動が小さい、ということが観察できます。

 リターンの変動が激しいということは、「大きく儲かるかもしれないが、大きく損をするかもしれない=ハイリスク」、リターンの変動が小さいということは、「大きな損はしなさそうだが、大きく儲かることもなさそう=ローリスク」です。ハイリスク=リスク性資産、ローリスク=安全資産ですから、以下のことが言えます。

  • 「リスク性資産」はリターンの変動が激しい(価格変動が大きい)
  • 「安全資産」はリターンの変動が小さい(価格変動が小さい)

 さらに、前述のとおり、ハイリスク=ハイリターン=リスク性資産、ローリスク=ローリターン=安全資産ですから、以下のことも言えます。

  • 「リスク性資産」は高いリターンを追求する
  • 「安全資産」は低くても安定したリターンを追求する

 

「リスク性資産」と「安全資産」の特徴2

 景気がよいときは、企業に利益が生まれ、個人の収入も増えます。つまり、お金に余裕が生まれ、リスクを取りやすくなります。つまり、ハイリスク・ハイリターンを狙った投資が人気となります。

 株価は企業の利益を反映する傾向があるため、景気がよい時は、株価が上がりやすくなります。この環境は、「リスク性資産」にお金が流れ、価格が上がりやすくなります。

 景気が悪いときは、企業も個人も資金が少なく、リスクを取る余裕はありません。つまり、高いリターンの獲得を目指すよりも、できるだけ損をしないローリスク・ローリターンを優先するようになります。

 また企業の業績悪化を反映し、株価は下落しやすくなります。こうなると、投資家は「リスク性資産」に投資していたお金を「安全資産」に移すので、「リスク性資産」の価格は下がり、「安全資産」の価格が上がりやすくなります。

 これらをまとめると、次のようになります。

  • 「リスク性資産」は、景気がよいときやリスクをとりやすいときに、価格が上がりやすい
  • 「安全資産」は、景気が悪いときやリスクをとりにくいときに、価格が上がりやすい

  投資対象は、基本的に、この二つのタイプに分類することができます。投資を検討するときには、まずはどちらのタイプで運用するのか、「ハイリスク・ハイリターン」がいいのか、「ローリスク・ローリターン」がいいのか、決める必要があります。次回は、「リスク性資産」と「安全資産」の投資対象について、より具体的に書きたいと思います。

▼バックナンバー

初心者のあなたに。長期投資を選ぶメリット

博打とは違う!怖くない株式投資

長期投資の買い時。一発勝負VS時間分散

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください何に投資する?「リスク性資産」と「安全資産」1

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

何に投資する?「リスク性資産」と「安全資産」1

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。