お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
下がらなくなった米失業率。株式市場、天井圏のサイン?
eワラント証券
eワラントレポート
eワラント証券が配信する旬な話題や材料をテーマとした特集レポートです。

下がらなくなった米失業率。株式市場、天井圏のサイン?

2018/2/6
2日のNYダウ平均株価は665.75ドル安となり、大幅な下げ幅となりました。大幅な下落は、押し目買いの好機なのでしょうか、それとも、下落トレンドへの入り口なのでしょうか。
facebook twitter 印刷する

 2日のNYダウ平均株価は665.75ドル安となり、大幅な下げ幅となりました。同日には1月の米国の雇用統計が発表されており、非農業部門の雇用者数の増加や平均時給の上昇を確認できたことから、NYダウ平均株価の大幅な下落は意外感があったかもしれません。

 NYダウ平均株価の大幅な下落は、押し目買いの好機なのでしょうか、それとも、下落トレンドへの入り口なのでしょうか。これを考える上で米国の失業率が1つのヒントになるかもしれません。

 雇用統計と同時に発表された米国の1月の失業率は4.1%でした。昨年10月、11月、12月は4.1%で推移しています。長く続いていた失業率の低下傾向が止まったのかもしれません。

 一般に、景気拡大期には雇用環境が改善し、失業率は低下傾向となります。反対に景気低迷期は雇用環境が悪化し、失業率が上昇傾向となります。なお、単に失業率が「低い」のと「低下傾向が続いている」の意味合いは異なります。失業率の「低下傾向が続いている」のであれば景気拡大期と言えますが、失業率が「低い水準でとどまっている」場合は、景気拡大が止まったピーク状態を示している可能性があります。

 図は米国の失業率、失業率の5カ月の移動平均、NYダウ平均株価の月次データです(2018年2月は2日までのデータです)。移動平均も表示しているのは失業率が上昇傾向にあるのか、低下傾向にあるのか、トレンドを見るためです。長期的な視点で見た場合、米国の株式相場は米国の失業率と反対に動く傾向があり、失業率が低下傾向にあるときは株価は上昇傾向にありますが、失業率の低下傾向が止まり、移動平均が横ばいから上昇傾向になるとその後に米国株が下落していたことがわかります。

 

 長期的な米国の株式市場の動向を考える上で、失業率が「低下傾向」にあるのか、それとも「低い水準でとどまっている」のかを確認したほうが良いでしょう。4カ月連続で低い水準でとどまっている米国の失業率の傾向を見ると米国の株式市場は天井圏にあるのかもしれません。今後発表される失業率の動向には注視したいところです。

 米国株式市場の下落トレンド入りを想定するのであれば、NYダウ平均株価を対象とするプット型eワラントの保有を検討します。一般に、プット型eワラントは対象となっている相場が下落すればするほど値上がりが見込めます。銘柄選びのポイントとしては、NYダウが各銘柄の「満期日」までに「権利行使価格」を下回るか、という点に注目します。なお、eワラントは満期日前でも買い取ってもらえるので、短期間で値上がりした場合には利益確定売りをすることもできます。

 

【eワラントについて】
 eワラントは少額からレバレッジ投資が可能なカバードワラントという金融商品取引法上の有価証券です。レバレッジ投資が可能でありながら損失限定(投資した資金以上の損失はない)という特長を持っています。レバレッジ水準は国内外の個別株式・株価指数を対象原資産とする銘柄で2~20倍程度、為替を対象原資産とする銘柄で2~50倍程度です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください下がらなくなった米失業率。株式市場、天井圏のサイン?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

下がらなくなった米失業率。株式市場、天井圏のサイン?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。