お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【ページ送りテスト】特集:半導体・電子部品セクター(東京エレクトロン、村田製作所、アルプス電気、日東電工、ロームなど)
今中 能夫
楽天証券投資weekly セクター・投資テーマ編
毎週金曜日夕方掲載。楽天証券経済研究所チーフアナリスト 今中能夫の、今週1週間の国内株式市場の情報がつまった週刊レポートです。注目セクターと投資テーマに重点を置いて、相場と銘柄を…

【ページ送りテスト】特集:半導体・電子部品セクター(東京エレクトロン、村田製作所、アルプス電気、日東電工、ロームなど)

2018/1/9
・半導体・電子部品セクターを改めて概観する
・3D-NANDの大容量品の市況が下落
・「ビットクロス」が始まっている
・データセンターの「フルNAND」化が大きなテーマに
・電子部品セクターではiPhoneⅩに対する見方が分かれる
・中長期的には自動車向けが重要になる
・注目銘柄:東京エレクトロン(8035)、村田製作所(6981)、アルプス電気(6770)、ソニー(6758)、日東電工(6988)、ローム(6963)
facebook twitter メールで送る 印刷

毎週金曜日夕方掲載

本レポートに掲載した銘柄

東京エレクトロン(8035)村田製作所(6981)アルプス電気(6770)ソニー(6758)日東電工(6988)ローム(6963)

 

1.半導体関連セクターを改めて概観する

 今のエレクトロニクスや自動車における技術革新は、半導体と電子部品に拠るところが大きくなっています。この傾向は2018年も変わらないと思われます。

 今回は、2017年の締めくくりとして、半導体と電子部品の両セクターを概観します。半導体関連セクターの2017年は株式市場において良好なパフォーマンスを示しましたが、2018年はどうなるかが焦点になると思われます。

 一方、電子部品セクターは、2017年は銘柄によってパフォーマンスに違いが出ました。また、新型iPhoneに対する懸念から、2017年年末は株価が軟調になる銘柄が多くなりました。これが2018年にどう変化するか、これも重要な論点です。

 まず半導体から。表1は、世界半導体出荷金額の単月ベースでの数字です。本稿の2017年12月15日号に掲載したもので、2017年10月までは好調に伸びています。2018年1月の上旬に2017年11月の3カ月移動平均値(SIA)、単月数値(WSTS)が順次公表される予定ですので、それに注目したいと思います。

表1 世界の半導体出荷金額:単月

単位:100万ドル、%
出所:WSTSより楽天証券作成

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【ページ送りテスト】特集:半導体・電子部品セクター(東京エレクトロン、村田製作所、アルプス電気、日東電工、ロームなど)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【ページ送りテスト】特集:半導体・電子部品セクター(東京エレクトロン、村田製作所、アルプス電気、日東電工、ロームなど)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。