お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
【IR広告】ポーラ・オルビスホールディングスの魅力とは?配当性向60%へ!選ばれ続ける優待制度とは?
楽天証券
AD

【IR広告】ポーラ・オルビスホールディングスの魅力とは?配当性向60%へ!選ばれ続ける優待制度とは?

2017/12/19
・ランキング6年連続1位!?人気の株主優待の中身とは?
・株主分割後の株主優待はどう変わる?
・配当性向60%! 今後の株主還元方針は?
facebook twitter メールで送る 印刷

 優待雑誌「知って得する株主優待」で、6年連続1位に選ばれたポーラ・オルビスホールディングス。2017年4月1日に行われた株式4分割により、どのような変化を遂げるのか。気になる今後について、経済評論家・テクニカルアナリストの木村佳子氏とポーラ・オルビスホールディングスIR担当の庭屋伸和氏に語っていただきました。

木村佳子氏
個人投資家向けの経済情報番組ラジオ・キャスター、資産運用コラムニストとしてメディアで活動。認定・国際テクニカルアナリスト、一級FP技能士、CFPなどの資格取得。早稲田大学大学院フアイナンス研究科修了(学位/専門職MBA)。生活経済を基本に個人のライフプランに役立つ資産運用について、特に株式、為替、経済見通しについての講演機会が多い。日本IRプランナーズ協会において「個人投資家のための企業IR研究会座長」、同協会理事を経て2016年より同協会理事長。「初心者でも失敗しないカレンダー投資法」など著書多数。

庭屋伸和氏
1994年株式会社ポーラへ入社。事業会社で、ダイレクトセリングや百貨店などの基幹部門を経て秘書室、経営企画室に在籍。
顧客視点から経営視点へと業務範囲を拡大し、現在は持株会社である、株式会社ポーラオルビスホールディングス 法務総務室 IR担当課長。これまでの経験を活かして、一人でも多くの個人投資家様や株主様に共感していただくことをめざし、株主視点での新たな業務に奮闘中。

ポーラ・オルビス(4927)の株価情報ページを表示する

 

ランキング6年連続1位!?人気の株主優待の中身とは?

好きな商品を選べる、ためられる、ポイント制が魅力

木村氏: ポーラ・オルビスホールディングスは、株主優待本の「女性にうれしい“美と健康”株主優待ランキング」で6年連続1位を獲得されていますよね。
これはすごいことだと思うのですが、この結果をどのように受け止めていらっしゃいますか?

庭屋氏: ありがとうございます。
ポーラ・オルビスホールディングスは「美と健康」を事業のドメインとした企業ですので、この分野で広くご支持をいただけていることは、とても嬉しいですね。

木村氏: 御社の株主優待はポイント数に応じて自社商品を選べるところが人気ですが、その詳しい内容を教えてください。

庭屋氏: 当社の株主優待は、保有株式数と年数に応じてポイントが付与され、貯まったポイント数によって、現在、5ブランドの商品と美術館のチケットなどからお好きな商品を選んでいただくことができるというものです。3年目からは保有ポイントが20P増えますので、長く持っていただくほどポイントが貯まるのが特徴です(図1)。

木村氏: カジュアルブランドからハイブランドまで、幅広いブランドから好みの商品が選べるのが女性には嬉しいですね。

庭屋氏: 創業者の言葉で「最上の物を一人一人に合ったお手入れと共に直接お手渡ししたい」というものがあります。この思いをベースとし、株主優待も一人一人の株主様に合わせて、商品を選んでいただける形にしました。

木村氏: 起業のコアになる思いを株主優待でも貫いていらっしゃるというのは、とても素晴らしいことですね。

庭屋氏: この創業者の思いは優待だけでなく、商品にも生かされているんです。たとえば1989年に誕生したPOLAの「アペックス」は、お客様一人一人の肌分析に応じて256万通りの組み合わせの中から、その人に合ったスキンケア商品を提供する非常にユニークなブランドです。手間もコストもかかるので着手するのは経営側としては難しい判断でしたが、そのときに集めた1,600万件以上の肌データは、今では当社の研究開発の基盤となっています。

木村氏: 目先の利益を追わずに顧客第一に徹した結果、商品が支持されて、業績につながったということですね。とても素敵なお話だと思います。

図1

■進呈ポイントテーブル

保有株式数/年数 3年未満 3年以上
100~399株 15ポイント 35ポイント
400~1,199株 60ポイント 80ポイント
1,200~1,999株 80ポイント 100ポイント
2,000株以上 100ポイント 120ポイント

 

株主分割後の株主優待はどう変わる?

15P、30Pの優待商品を新設! 選ぶ楽しみがさらに増えた

木村氏: 2017年4月1日付で1株につき4株の割合で株式分割が行われましたが、これにより株主優待はどう変わるのでしょうか?

庭屋氏: これまでは100株、保有期間3年未満の場合60ポイント(6000円相当)の付与でしたが、株式分割実施後からは、株式分割の比率に応じて1/4の15ポイント(1500円相当)の付与となりました。

木村氏: 今までの商品は60ポイント以上が対象だったので「100株15ポイントになってしまったら何ももらえないのでは?」と思われている方もいらっしゃるようなのですが…。

 

庭屋氏: 今後は15ポイント、30ポイントから選べる商品が新設される予定ですので、ご安心ください。
15ポイントではボディソープや健康食品など、さらに30ポイントからはスキンケア品も選んでいただける予定です。

木村氏: 3年以上株を保有すると、3年目からプラスでポイントがもらえるのは今までどおりということですよね。

庭屋氏: そうですね。1年目2年目は15Pですが、3年目以降は35P。つまり3年目からは、毎年20P分ポイントが増えることになります。3年間貯めていただくと65Pになりますので、女性の方にはぜひ、当社の商品を使っていただくきっかけにしていただけたら嬉しいですね。
送付先を変更できるので、ギフトとして活用されている方もいらっしゃいます。

木村氏: 男性の株主の方がポイントを貯めて、女性に高価な化粧品をプレゼントするというのもいいですよね。

 

配当性向60%!今後の株主還元方針は?

長く応援していただける企業を目指す

木村氏: 企業価値向上に向けた継続的なIR活動が評価され、2度目の「IR優良企業賞」を受賞されるなど、IRにはかなり力を入れていらっしゃる印象ですね。

庭屋氏: はい。今年から配当性向を60%に引き上げさせていただきました。おかげさまで業績は8期連続増収営業増益が射程圏内に入っていますので、今後も安定的に伸ばしていきたいですね。

木村氏: 配当性向60%はすごいですよね。有利子負債が少なくて、きちんと利益が出せている会社だからこそ株主還元に非常に前向きに取り組まれているのだと思います。ちなみに株式分割後、個人投資家の方も増えたのではないでしょうか?

庭屋氏: はい。以前は当社の株を保有していただくのに100万円以上の投資が必要だったのですが、分割後は40万円台(11月28日現在)での投資が可能になったため、個人投資家の方の数もかなり増えました。これからも当社の理念に共感していただけるよう努力を続け、末永く応援していただける企業になりたいと思っています。

木村氏: 最後に、今後のさらなる成長に向けての取り組みについて教えていただけますでしょうか?

庭屋氏: 一部リリースもされていますが、現在、既存ブランドからの新規ブランドの創出を企画しています。また、配当予想の上方修正を発表しましたので、ぜひ今後に注目してください。

木村氏: 新ブランドの誕生、楽しみですね!オリンピックに向けて、これからも期待できそうですね。私も応援しています。

最新の決算情報および配当予想の修正に関するお知らせは、以下のサイトでご覧いただけます。
http://ir.po-holdings.co.jp/news/news.html

銘柄名をクリックするとマーケット情報に遷移します。

銘柄名 ポーラ・オルビスホールディングス
銘柄コード 4927
上場市場 東京証券取引所
取引単位 100株

本サイトはIR広告であり、個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
また、ポーラ・オルビスホールディングスからデータの提供を受けて制作しています。

 

国内株式のリスクと費用について

株式等のお取引にかかるリスク

株式等は株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等、上場投資証券(ETN)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等、ライツは転換後の価格や評価額の変動等により、損失が生じるおそれがあります。※ライツは上場および行使期間に定めがあり、当該期間内に行使しない場合には、投資金額を全額失うことがあります。

信用取引にかかるリスク

信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。

貸株サービスにかかるリスクおよび費用

  • リスクについて
    貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」になります。株券等を貸し付けいただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。

  • 当社の信用リスク
    当社がお客様に引き渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いすることになりますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様が取得できないことになります。

  • 投資者保護基金の対象とはなりません
    なお、貸し付けいただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管の対象とはならず、投資者保護基金による保護の対象とはなりません。

  • 手数料等諸費用について
    お客様は、株券等を貸し付けいただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。

  • 配当金等、株主の権利・義務について
    貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等については貸出期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。
    株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、権利を獲得するため自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出し設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。
    貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。

  • 株主優待、配当金の情報について
    株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がございます。お取引にあたりましては必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。

  • 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について
    楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

  • 税制について
    株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。

株式等のお取引にかかる費用

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」「ワンショットコース」の3コースから選択することができます。 
〔超割コース(貸株、投資信託の残高、信用取引の売買代金・建玉残高に応じて手数料が決定します。)(現物取引)〕
超割:1回の約定代金が10万円まで139円(税込150円)/1回、20万円まで185円(税込199円)/1回、50万円まで272円(税込293円)/1回、100万円まで487円(税込525円)/1回、150万円まで582円(税込628円)/1回、3,000万円まで921円(税込994円)/1回、3,000万円超973円(税込1,050円)/1回
超割(大口優遇):1回の約定代金が10万円まで90円(税込97円)/1回、20万円まで180円(税込194円)/1回、50万円まで238円(税込257円)/1回、100万円まで426円(税込460円)/1回、150万円まで509円(税込549円)/1回、3,000万円まで806円(税込870円)/1回、3,000万円超851円(税込919円)/1回
〔超割コース(信用取引)〕
超割:約定代金に関わらず360円(税込388円)/1回
超割(大口優遇):約定代金に関わらず0円(税込0円)/1回。
詳細は、当社ウェブサイトをご覧ください。
〔いちにち定額コース〕
1日の約定代金合計が10万円まで0円、20万円まで191円(税込206円)/1日、30万円まで286円(税込308円)/1日、50万円まで429円(税込463円)/1日、100万円まで858円(税込926円)/1日、200万円まで2,000円(税込2,160円)/1日です。以降、1日の約定代金合計が100万円増えるごとに1,000円(税込1,080円)追加されます。取引のない日は手数料がかかりません。1日の約定代金合計は現物取引と信用取引を合算して計算いたします。
〔ワンショットコース(現物取引)〕
1回の約定代金が10万円まで139円(税込150円)/1回、20万円まで185円(税込199円)/1回、50万円まで341円(税込368円)/1回、100万円まで609円(税込657円)/1回、150万円まで728円(税込786円)/1回、3,000万円まで1,152円(税込1,244円)/1回、3,000万円超は1,217円(税込1,314円)/1回。
〔ワンショットコース(信用取引)〕
1回の約定代金が30万円まで250円(税込270円)/1回、30万円超は450円(税込486円)/1回。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定するETFの手数料は0円です。いちにち定額コースの場合は、約定代金合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、オペレーター取次ぎによるお取引の手数料体系が適用されます。
    〔オペレーター取次手数料(現物取引)〕
    1回の約定代金が50万円まで3,450円(税込3,726円)/1回、100万円まで3,800円(税込4,104円)/1回、150万円まで4,000円(税込4,320円)/1回、150万円超は4,500円(税込4,860円)/1回。
    〔オペレーター取次手数料(信用取引)〕
    1回の約定代金が30万円まで3,250円(税込3,510円)/1回、30万円超は3,450円(税込3,726円)/1回です。

  • PTS取引(夜間取引)は、お客様が選択されているコースにかかわらず1回の約定代金が50万円まで450円(税込486円)/1回、100万円まで800円(税込864円)/1回、150万円まで1,000円(税込1,080円)/1回、150万円超は1,500円(税込1,620円)/1回がかかります。

  • 国内株式を募集・売出し等(新規公開株式(IPO)、立会外分売)により取得する場合は、委託手数料はかかりません。

  • 信用取引による建玉を保有している期間は、買い建玉の場合は買方金利〔制度:通常 年2.85% 優遇 年2.28%、一般(無期限):通常 年3.09% 優遇 年2.90%、一般(1日):1約定当たり売買代金100万円未満 年 1.90% 100万円以上 年0.0%〕、売り建玉の場合は貸株料〔制度:年1.10%、一般(無期限):年2.00%、一般(短期(14日)):年3.90%、一般(1日):1約定当たり売買代金100万円未満 年 1.90% 100万円以上 年0.0%〕、品貸料(逆日歩)、特別空売りの場合は、特別空売り料等がかかります。

信用取引の委託保証金について

信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の維持率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただくか、建玉を決済していただく必要があります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください【IR広告】ポーラ・オルビスホールディングスの魅力とは?配当性向60%へ!選ばれ続ける優待制度とは?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

【IR広告】ポーラ・オルビスホールディングスの魅力とは?配当性向60%へ!選ばれ続ける優待制度とは?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。