今週のドル/円の下値メドは112.83円、上値メドは114.48円
ユーロ/ドルの下値メドは1.1586ドル、上値メドは1.1710ドル

 113.98円でオープンした先週のドル/円は、6日(月)の東京市場で114.73円まで急上昇。今年3月以来の高値をつけました。

 黒田日銀総裁は講演で「強力な金融緩和を進めていく」と強調。この発言を受けて日本の10年物債券利回りは1カ月半ぶりの水準に低下。利上げに進むFRB(米連邦準備制度理事会)と対照的な日銀の政策が日米金利差拡大を意識させ、ドルが買われました。

 しかし、115円付近の売りは厚く、チャレンジは失敗。買いもいったん引き、9日(木)には113.09円まで下げて週の安値をつけました。113円台はなんとかキープして終値は113.508円。前週より約40ポイント円高の水準で引けました。

 

ウィークリーピボット

 今週のドル/円のピボット・ポイントは、113.78円です。
 ピボットとは「回転軸」という意味で、このレベルを相場の強気と弱気の転換点と考えます。レートがピボット・ポイントより上で取引されているときは、ドル/円の相場は強気が優勢、下にある場合は弱気が優勢と考えます。

 ピボットが計算する今週の上値ライン(レジスタンス)は114.48円、下値ライン(サポート)は112.83円です。

 

デイリーピボット

 今週のドル/円のピボット・ポイントは、113.46円です。
ピボットが計算する今日のドル/円の上値ライン(レジスタンス)は113.70円、下値ライン(サポート)は113.29円です。

 

【この記事対するアンケート回答はこちらから】